スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺者・・・国は加害者意識を持て!


自殺者、半期で1万7千人超…最悪ペース迫る  7月27日19時31分配信 読売新聞

 警察庁は27日、今年1~6月に全国で自殺した人は1万7076人(暫定値)に上り、昨年同期より768人増えたと発表した。

 今年に入って6か月連続で昨年同期を上回っており、年間の自殺者が過去最悪だった2003年(3万4427人)に迫るペースとなっている。景気の落ち込みが影響しているとみられ、対策が急務となっている。

 今年半年間の自殺者のうち、71%にあたる1万2222人が男性。月別では、1月が2660人(昨年比118人増)、2月2482人(74人増)、3月3084人(145人増)、4月3048人(194人増)、5月2980人(184人増)、6月2822人(同53人増)。企業の決算期や派遣労働者の契約が切れる年度末に増加する傾向も見受けられる。

 都道府県別で多いのは、東京都1569人、大阪府1057人、埼玉県971人、神奈川県938人、愛知県844人など。29都府県で昨年同期を上回った。増加率が高いのは沖縄県の51・3%のほか、山口県30・2%、高知県21・6%、岡山県17・5%、埼玉県16・7%など。鳥取県は19・8%減で減少率が高かった。

 全国の自殺者数は昨年まで11年連続で3万人を超えた。このままのペースだと、同庁が統計を取り始めた1978年以降で2番目に多かった07年(3万3093人)を上回り、最悪だった03年並みになることになる



自殺者増加の原因はどこにあるのか?今年は派遣切りが主な原因だが、これまで何ひとつ改善されなかった「イジメ問題」、経営悪化の中小企業に対する「銀行の貸し渋り」、サラ金、ヤミ金の「脅迫取立て」これらは今でも続いており、自殺者も後を絶たない。

地方の市町村の人口が毎年自殺する現実をどう改善していくのか?弱い物が命を絶つ『弱肉強食』の現代を本当に政治家はわかっているのだろうか?弱者に対する安全地帯を確保するべきじゃないのか?

・・・本来家族(家庭)と言うのは安全地帯であったはずだ。子どもの話を親が聞き、妻の話を夫が聞き、夫の話を妻が聞く。祖父母が生活の知恵を子ども、孫へと伝えていく。お互いの会話がアンテナとなり家族の変化を見逃さず、悩み、迷い、喜び、怒りを解決に導いてきたはず。核家族化が進み、家庭の経済状況が危うくなると共稼ぎとなる。会話が減り、家族に対するアンテナが作動しなくなる。既にそこは安全地帯では無くなる。


大都市に限った事ではなく地方でも同じ事が言える。ある地方都市(政令指定都市)では求人が極端に少ない。正社員を雇う企業が少ないのだ。アルバイト、パート、派遣を余儀なくされる。生活を維持する為に労働基準法無視し、仕事を掛け持ちする。家族が揃って食事を取る事もできず、幼い子どもは「鍵っ子」となる。これが現実。


・・・世の中金が無ければ生きていけない・・・
金の為に働き・・・
金の為に生きる。
金は嘘をつかず・・・
自分を裏切らない。


汗水垂らして働いたお金であっても、人を騙して奪った金であっても、『価値』は同じと考える日本国民が増えていることに危機感を抱かなければならない!自民党がばら撒いた定額給付金も、民主党がばら撒こうとしている政策と言う名の無駄金も無くしてしまわなければ、本当に困っている人を見つけることが出来ない!さらに自殺者を増やすだけなのである。


今、政府が国民から取るべき物は『税金』じゃない!『SOSの声』なのだ!


無駄を無駄とも思ってない政治家にはこの国を復興させる事は到底無理な話なのである!!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/999-08cc5d38

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。