スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆の日 日本が過ごした64年間の無駄


核なき世界、次代へ誓う 64回目広島「原爆の日」
8月6日15時29分配信 産経新聞

 被爆地・広島は6日、64回目の「原爆の日」を迎えた。爆心地近くの平和記念公園(広島市中区)では午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれ、麻生太郎首相や被爆者、その遺族ら約5万人(市発表)が犠牲者の冥福を祈った。秋葉忠利市長は平和宣言で「私たちの世代が核兵器を廃絶しなければ、次の世代への最低限の責任さえ果たしたことにはならない」と訴えた。

 式典では、この1年間に死亡が確認された広島での被爆者5635人分の死没者名簿を、秋葉市長と遺族代表が原爆慰霊碑に奉納。記帳が始まった昭和27年以降、名簿に記された死没者は26万3945人となった。

 被爆者代表や麻生首相、遺族代表らが慰霊碑に献花した後、原爆投下時刻の午前8時15分に「平和の鐘」が打ち鳴らされ、参列者全員が黙祷(もくとう)。この後、秋葉市長が平和宣言を朗読し「64年前の放射線が、いまだに被爆者の身体をむしばみ続けている。高齢化する被爆者の実態に即した援護策を充実するとともに、核兵器廃絶運動の旗手として世界をリードすべきだ」と政府に求めた。

 さらに、オバマ米大統領が「核のない世界の実現」を提唱した今年4月のプラハ演説にふれ、「私たちにはオバマ大統領を支持し、活動する責任がある」と強調。世界に向けて「力を合わせて核兵器の廃絶を実現しよう」と提言。具体策として、2020年までの核廃絶を提唱した「ヒロシマ・ナガサキ議定書」が、来年の核拡散防止条約の再検討会議で採択されるよう求め、最後に英語で「力を合わせれば、核兵器は絶対に廃絶できます」と結んだ。

 一方、就任後初めて参列した麻生首相は、あいさつで「今後も非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて、国際社会の先頭に立っていくことを誓う」と述べた。

 広島市の子供代表による「平和への誓い」では、いずれも小学6年の矢埜哲也君(12)と遠山有希さん(11)が「世界が平和になるために、原爆や戦争という『闇』から目をそむけることなく、しっかりと真実を見つめます」と読み上げた。

 式典には、核保有国のロシアが10年連続で参列したほか、事実上の保有国とされるイスラエルが初めて参加するなど、昨年より4カ国多い過去最多の59カ国の大使らが出席。一方、昨年初めて参加した中国は参列を見送った。

 広島市によると、全国の被爆者数は今年3月末時点で23万5569人で、前年より8123人減少。平均年齢も75・9歳と、0・8歳高齢化している。



広島原爆投下の大惨事から64年が過ぎた。世界で唯一の被爆国である日本は、核の恐ろしさを次世代に伝えていくと共に、世界へ核廃絶を訴え続けなければならない。

しかし、非核3原則を違反している事実が浮上している。『持ち込ませず』が政府のトップシークレットにより長年闇に葬られていた。アメリカの核兵器搭載艦船の寄港させる密約があったと言う事実。ここで非核3原則自体がザルであると判明した。政府はアメリカに同意するしかなかったのか?やはり日米安保理条約は不平等条約だったといえよう。


北朝鮮が日本に対して核で脅しをかけている。衛星打ち上げと称してミサイルを日本上空に飛ばし、核実験も行った。核廃絶を訴え続けて64年目・・・訴えるだけでは効果が無く、国家間の話し合いだけでは解決できない。いつ北朝鮮から核爆弾が飛んできてもおかしくない状況下にある。日本はアメリカの核の傘に入っていると麻生総理は安心しているが、本当に安心できるのか?

日本は自衛の為の核保有を行ってこそ、北朝鮮の暴挙を未然に防ぐ事が出来るのではないか?

自衛隊は『軍隊ごっこ』からの脱却!新たな日本軍創設!


近隣諸国から日本を守るには、永世中立国であるスイスのような軍隊があってこそ、初めて核廃絶に向かった平和への一歩を踏み出せるのです!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/993-b75d765e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。