スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反ロデー in 大阪ロシア領事館前


 2009年8月9日 PM2時頃の様子です。右手のマンション(奥側)の上の方に、憎き『露領事館』があります。
ロシア領事館を守るべく(何から?)公安警察、私服刑事が周囲をガードしている。左のマンションの隣にはレストランがあり、駐車場にテントを張り【騒音計測器】をセットしている。

この写真を撮影する前に、複数の民族派、行動右翼団体様が駐車場に街宣車7~8台を止めており、休憩中?であった。しばらくすると隊列は動き出し『流し街宣』を再開する。

私はと言うと・・・公安に目を付けられながらも、マンション前で他の民族派団体の街宣車が来るまで車内で待機。時間が遅かったせいか、徒歩で駆けつけた民族派の方々を見かけただけだった。



 つい先日のニュースでロシアは『日本の北方領土に対する人道的支援』を断った。これまで二十年程続いていたものを停止し、大地震などの非常時だけに限定するとの声明をだした。
北方領土の人道支援は非常時に限定を サハリン州政府高官  2009.5.29 17:40

 インタファクス通信は29日、ロシア極東サハリン州政府のポノマリョフ国際対外経済地域間交流委員会副委員長が、日本からの北方四島への人道支援受け入れは「地震などの非常時に限るべきだ」と述べたと伝えた。

 4月の州政府会議で同様の対応が四島の行政当局に勧告されたという。

 ロシアが出入国カード提出を求めたため日本側がビザなし交流の枠組みによる引き渡しを1月に断念したままになっている医療関係の支援物資について、副委員長は「緊急時の支援ではない」とし、ロシアの査証(ビザ)を取得する形で引き渡されるべきだと述べた。

 サハリン州政府と州議会は、人道支援は不要になったとの記事を機関紙に掲載するなど、四島への人道支援に対する強硬姿勢を強めている
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090529/erp0905291741005-n1.htm

おい!鈴木宗男!何とかしろ!ムネオハウスが無意味となりつつあるぞ!ロシアの調子のいい考え方に異議を唱えよ!


日露の北方領土に対する「温度差」が、かなり感じられる。歴史認識の違いが原因なのは明らかだ。何度も何度もロシアとの話し合いを持つべきであり、北方領土=北海道の一部であると言う事を解からせなければならない。一度崩壊している国だから、過去の歴史はうやむやにされる危険もある。北方領土問題が解決するまでは、ロシアとの貿易を停止する位の覚悟を日本は持つべきであり、日本の技術を欲しがっているロシアには、北朝鮮同様に経済制裁を与えるべきだ!・・・と素人ながらに怒りを感じる。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/989-f3137758

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。