スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中眞紀子の野望、民主党の思惑


田中真紀子氏が民主入党=新潟5区で公認、直紀氏も
 衆院選で新潟5区から出馬する無所属の田中真紀子元外相は15日午後、夫で無所属の直紀参院議員と新潟県長岡市でそろって記者会見し、民主党に入党したことを明らかにした。真紀子氏は「有権者に約束したことを実現するには、少人数ではできない。組織にいないといけないと強く感じた」と説明した。会見には鳩山由紀夫代表も同席。民主党は同区で真紀子氏を公認する。
 真紀子氏は故田中角栄元首相の長女。小泉内閣発足とともに外相に就任したが、2002年に更迭された。公設秘書給与の流用疑惑で議員辞職し、03年に自民党を離党。同年の衆院選で返り咲いた後は民主党会派に所属してきた。同年と05年の選挙では民主党の推薦を受けず、今回初めて推薦を得ていた。直紀氏も昨年、自民党を離党している。 
 入党は、田中元首相に師事し真紀子氏とも近い民主党の小沢一郎代表代行ら同党側が要請。真紀子氏は会見で「確実に二大政党になる」と語り、衆院選後の政権交代が現実味を帯びていることも考慮して決めたと強調した。手続きは14日に済ませたという。民主党としては、知名度の高い真紀子氏の入党を全国的な集票増につなげたい思惑がありそうだ。(2009/08/15-13:38)


1998年の自民党総裁選挙に立候補した小渕恵三、梶山静六、小泉純一郎をそれぞれ「凡人、軍人、変人」などと評し、口が達者だった田中眞紀子がついに動いた。

誰の目から見ても民主党は「踏み台」の役目を喜んで引き受けただろう。

自民党に突き放された東国原知事を公認するわけにも行かず、それらを取り巻く橋下府知事には先に政治団体を作られ、人気票を集める事が出来る候補者を失った今、田中眞紀子の野望と民主の思惑が合致した形になった。(故)田中角栄は娘のこの決断をどう思っているだろうか?


新潟5区からの出馬となるが、党に関係なく『田中眞紀子』という「個の政治家」として人気がある。必ず当選はするだろうし、演説の内容は別として地元に利益をもたらしてくれると信じる有権者が多いだろう。その位『田中角栄』という存在が大きく、何かと話題の中心にいる田中眞紀子への期待も大きいと思う。




でもね・・・田中眞紀子と中国は親交が深く中国の飼い犬のごとく、小泉元首相が行った靖国神社参拝に批判をした経緯がある。拉致被害者家族に対しても、「北朝鮮で生まれた子どもは北朝鮮に返すべき」「拉致被害者に日本帰国は難しいというべきだった」と暴言ともとれる発言をしている。
そんな反日国家寄りの左翼思想を持つ田中眞紀子と民主党(旧社会党の一部存在)が手を組んだら、日本の外交は何ひとつ解決しなくなる。それどころか『外国人参政権』が現実のものとなり、数年後には日本語をまともに喋れない国会議員が生まれる事になるだろう。

【民主、社民、国民新党】の連立が決まり、統一のマニフェストも発表となったが、外交に関する事は何ひとつかかれてない。思想の違う政党が政権交代の為だけにスクラムを組んでいるのだから当たり前だ!そんな連立を発表した民主党どもに対して国民は素直に『疑問、疑惑』を感じなければならないのだ!


民主党が政権を取ると【田中眞紀子外相】が再び誕生し、歴史捏造国家「中国」の言うがまま、歴史の教科書を捏造された物に変わる恐れもある。次第に子どもたちは・・・古き良き日本民族の士魂までも奪われてしまう!


なんとしてでも・・・


『民社国』連立3党には投票しない様食い止めねばならない!!



・・・私に出来る事は、会社の連中を説得する事位だろう・・・
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/986-5f7f5831

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。