スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪16区 公明党【北がわ一雄】候補者個人演説会


本日、たまたま通りかかった小学校の前に演説会の看板を発見。自分の選挙区とはかけ離れてはいるが、公明党の議員候補の演説を聴いてみようと思い学校の中へと入る。。。

まだ、準備の段階でしたが始まるまでの1時間ほど、様子を見ることに。この議員さんの経歴は以下の通りである。
1953年生まれ56歳
衆議院議員6期
元大蔵政務次官
観光立国担当大臣
元国土交通省大臣
公明党幹事長
なかなかの経歴の持ち主ではあるが全く名前を知らない・・・。公明党公認、自民党、改革クラブ推薦の候補である。北がわ氏の行った政策は以下の通りである。
堺浜に世界最大級のシャープ液晶工場などの企業誘致を推進
南海本線高架化実施、南海高野線の高架化を採択
関西国際空港の24時間化、阪神高速大和川線や堺の東西を結ぶLRTの整備推進
堺市が「環境モデル都市」に指定
「百舌鳥、古市古墳群」の世界遺産登録推進
日本一、二を争う程の汚染された大和川を浄化し、鮎が100万匹遡上する清流に。
地元に対して公共工事や、観光客を集める事をよく考えた政策を行っている議員だったようだ。しかし元国交省と言う権限を最大限・・・もしくはそれ以上に利用した背景が伺える。。。



・・・しばらく経つと3人の応援弁士(公明党、府議会議員、市議会議員)と北がわ氏がマイクを握り、演説会が始まった・・・

【内容は音源として録音してあるが、ここに書くほどの事は言っていない】

・・・周りが公明党党員だからか?創価学会会員が多いからなのか?純粋に応援しているからなのか?は解からないが、要所要所で拍手が起こる。

弁士の内容は・・・衆院選選挙民主党候補者のバッシングから始まり、過去の栄光(自身の行った経歴)を自画自賛し、民主党のマニフェストの矛盾を洗い出し、公明党が掲げる政治資金規正法の制裁強化、公民権停止を熱弁し、演説会に参加している住民に「堺市の為に全力で戦っていきます!」と宣言して終了した。


一見、素晴らしい演説会の様に感じるのだが、終わってみたら物足りない!公明党としてのマニフェストはいいのだが、北がわ候補者自身はこれから何に取り組んでいこうとしているのか?経済の建て直しや景気対策が第一と言いながらも、手始めに何をしようと思っているのかを話しては無い。40分強の熱弁は民主党バッシングのイメージしか残らなかった。



全国の候補者も同じような演説をしているのだろうか?

バッシングはもう解かった!だからあなたはどうするのか?を国民は聞きたい!

ちなみに・・・共産党、国民新党、幸福実現等、社民党などのバッシングはありませんでした。眼中に無いのでしょうね(笑)さらに言うならば、『北がわ一雄』という名前は『北朝鮮側の一雄さん』と見えてしまうので別の意味でインパクト大でした(爆)
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/981-865cbbe7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。