スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山外交は左翼構想 選挙中に言わんかい!


歴史問題、責任ある態度で=新政権に中国
 【北京時事】中国外務省の姜瑜副報道局長は1日の定例会見で、日本で民主党を中心とする新政権が発足するのを受け、「中国の歴史問題に対する見解は明確だ。責任ある態度で歴史問題を処理することは日本の利益にも合致する」と改めてクギを刺した。
 同副報道局長はまた、「中日は互いに重要な隣国だ。ハイレベル往来の良好な勢いを保ち続け、さらに関係を発展させたい」と述べた。(2009/09/01-18:15)


鳩山代表と韓国大統領の会談要旨
 【ソウル5日時事】民主党の鳩山由紀夫代表と韓国の李明博大統領の会談要旨は次の通り。
 【政権交代】
 鳩山氏 政治の信頼を回復させ、さらに新しいアジア重視の外交をつくり上げるために、政権交代が必要だ。
 大統領 過去の問題、北東アジアとの関係などに対する民主党の進んだ態度は時代の流れに合っている。
 【歴史認識】
 鳩山氏 現(自民、公明連立)政権との違いは、歴史を直視する勇気を持っていることだ。
 大統領 日本が歴史問題で大きな決断をすれば、韓国は未来に向けて大きな歩みを踏み出す用意ができている。政治指導者の勇気が必要だ。来年は日韓併合100年だが、韓日関係の新しいページを開くむしろ良いきっかけだ。
 鳩山氏 (日本の)一部には過去の侵略行為、植民地化を美化する風潮もあるが、私たちはそのような立場は取らない。一番大事なことは、ナショナリズムのとりこになりすぎないことだ。
 大統領 日本が過去に対して快く謝ることによって、さらに国際社会の尊敬を受けることができる。
 【北朝鮮の核・ミサイル問題】
 鳩山氏 日韓は直接的な脅威にさらされている。米国の協力の下に中国をいかに取り込むかが死活的に重要だ。
 大統領 日米韓3カ国が完ぺきに一致し、中国も呼応しているので、北朝鮮の意図通りにはいかないだろう。
 【東アジア共同体】
 鳩山氏 友愛精神が(欧州を)欧州連合(EU)という組織にまで高めた。東アジアでも決して不可能ではない。日韓が協力し、そこに中国、必要ならば米国も入り、東アジアあるいはアジア太平洋共同体(をつくる)という構想が重要だ。
 大統領 おっしゃる通りではないか。
 【在日外国人問題】
 大統領 在日韓国人に理解を示してくれてありがたい。在日本大韓民国民団(民団)関係者でも民主党は支持が高いようだ。
 鳩山氏 多くの民団の方にご支持いただいてありがたく思っている。(2009/06/05-22:20)



選挙に勝利した民主党。勝因は『政権交代』しかし国民は民主じゃなくても良かった。たまたま民主党だった・・・と言うのが本音だろう。そんな民主鳩山がニューヨーク・タイムズに寄稿した論文に対し、米国は相次ぎ批判。失望の声も出ている。

鳩山論文の要旨
9月1日7時56分配信 産経新聞

 ニューヨーク・タイムズ(電子版)に掲載された鳩山論文の要旨は次の通り。

                   ◇

 一、日本は冷戦後、グローバリゼーションと呼ばれるアメリカ主導の市場原理主義に翻弄(ほんろう)され続け、資本主義が原理的に追求されていく中で人間は目的ではなく手段におとしめられて、人間の尊厳は失われた。

 一、道義と節度を喪失した金融資本主義、市場原理主義にいかに終止符を打ち国民経済と国民生活を守っていくかがわれわれに突き付けられている課題だ。

 一、今回の経済危機は、アメリカ型の自由市場経済が普遍的、理想的な経済秩序を代表しており、すべての国が経済の伝統と規制をグローバル(むしろアメリカの)スタンダードに合わせて修正すべきだとの考え方によってもたらされた。

 一、グローバル経済は日本の伝統的経済活動を損傷し地域社会を破壊しており、グローバリズムが進む中で切り捨てられてきた価値に目を向け直すことが政治の責任だ。

 一、もう一つの国家目標は、「東アジア共同体」の創設だ。むろん、日米安保条約は日本外交の礎石であり続ける。われわれは同時に、アジアに位置する国家として、地域の経済協力と安全保障の枠組みを築き続けなければならない。

 一、金融危機は多くの人々に、アメリカ一国主義の時代の終焉(しゅうえん)を予感させ、ドル基軸通貨体制の永続性への懸念を抱かせた。私も、イラク戦争の失敗と金融危機で、アメリカ主導のグローバリズムの時代が終わって世界が多極化の時代へと移りつつあると感じる。

 一、現時点では、支配国家としてアメリカに代わる国も、世界基軸通貨としてのドルに代わる通貨も、一つとしてない。だが、中国が軍事力を拡大しつつ世界の主導的経済国家の一つになることは明らかだ。

 一、世界の支配国家としての地位を維持しようと戦うアメリカと、これから世界の支配国になろうと狙う中国との間で、日本はいかにして政治的、経済的独立を維持すべきか。これは日本のみならずアジア中小国の悩みであり、地域統合促進の主たる要因である。



選挙が終わったとたん、左翼外交に手を染め始める真の民主党、真の鳩山由紀夫を見るがいい!!
日本国旗を切り裂いて作った党旗を掲げて、中共、韓国へと出かけるがよい!!



とんでもない論文を発表しやがった。これに続いて歴史認識に関する【鳩山談話】の発表だろう。。。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/976-c66ab81d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。