スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白バイの速度取締りはやりたい放題


 スピード違反の取り締まりで事実と違う処理をしたなどとして、警視庁は2日、虚偽有印公文書作成・同行使と道路交通法違反の疑いで、警視庁第10方面交通機動隊に所属する白バイ隊員の巡査部長(38)を書類送検し、停職6か月の処分とした。巡査部長は同日付で辞職した。

 人事1課の調べによると、巡査部長は5月10日午後1時ごろ、東京都板橋区の環状7号線で、30代の男性が運転する大型バイクを追尾してスピード違反を取り締まった際、白バイの計測記録では二十数キロの速度超過だったにもかかわらず、三十数キロの超過として虚偽の交通切符を作成した疑いが持たれている。

 人事1課によると、巡査部長は男性のバイクを停止させ「違反の現場を確認してくる」と告げた後、実際に三十数キロの超過で白バイを再走行し、計測記録を捏造(ねつぞう)していた。「(計測前に)少なくとも四十キロ以上は超過していたと感じ、記録より速い速度で取り締まる必要があると思った」などと話しているという。

 警務部の中村格参事官は「基本を逸脱した行為であり、厳正に処分した。再発防止に努めたい」とコメントした。

 昔から警察の取締りには納得がいかない事が多い。キップを切られてもサインしなかった事もある。後日、呼び出しを受け略式裁判で罰則が軽くなるが、公文書を発行している警察が自分の否を完全に認めることは無い。

白バイは特に言いがかりが多く、単独での取締りが主なので免許取立てのドライバーやライダーは、泣く泣く認めることになる。白バイ隊員の脅迫めいたセリフ・・・

サインをしなければ裁判所から呼び出しが来るから!


免許取りたての人がこんな事を突然言われたら、重大な犯罪者にでもなったかのような気持ちになる。取り締まり側は、もっと詳しく説明してあげるべきである。


単独で行われる白バイの速度取締り追尾時に、赤色灯を回さずにスピードを出す事がある。これは違反であるが、ビデオカメラ等で証拠を提示しても、実際のスピードが何キロ出ていたかの証拠とはならない事を理由に指摘をはねのける。乗用車のメーター越しに白バイを追尾し撮影しても、乗用車と白バイのスピードメーターの誤差があるという理由で指摘をはねのける。
全く同じバイクでメーター越しに撮影できたとしても、撮影者自身の違反の証拠ともなりうるので、覚悟が必要であろう。


どんな人が白バイに乗るのかと言うと、中途採用の警察官らが多い。バイクが好きで自分のライディングテクニックを磨いて、違反者をどんどん捕まえてやる!などと意気込んでいる者が多い。バイク便上がりで警察官になり、上司の推薦を受け訓練を積み、白バイ隊員になったものもいる。白バイ隊員がどれだけ偉いのだろう?自分の検挙数でポイント稼ぎをし、『交通安全』を盾にして善人ぶる。上記のニュースのケースは稀であり氷山の一角である。


安全運転は大事である。しかし法定速度と安全速度は違う。

法定速度は昭和54年に決められた【規制速度算出要領】に従って決められてきた。最近【規制速度算出要領】は廃止となったが、今もなお法定速度算出の基準に使われている自治体が多く、納得のいかない速度取り締まりが行われている。

幹線道路で車の流れに逆らって法定速度をひたすら守って走行するトラックは危険である。しかし、事故に巻き込まれたときには法定速度を遵守していたトラックはある程度守られる。保険の割合でいうと、事故車両の種別や事故の状況にもよるが『9:1』~『6:4』である。(1~4割が法定速度を遵守したトラックの過失)
つまり法定速度を守っていても後方から追突されない限り、過失があるのである!なぜならば・・・動いてたから。どんな危険な状況でも他車との接触を避けなければドライバーの周囲の確認不足、不注意になるのである。法定速度で走行し、危険な状況で加速して事故を未然に防げるのか?それとも後続車に構わず急ブレーキをかけて止まらなければならないのか?どう考えても矛盾が起きる。

矛盾だらけの法定速度を交通安全の為と言いのけ、弱者から金を巻き上げる警察の交通取り締まりはいつになったら法改正となるのだろうか・・・?


警察の言動に疑いを持ち、レコーダーやカメラ(ムービー)などで一部始終を録音し、納得のいかない反則キップにはサインをしない様国民は【保険】をかけるべきである!



・・・ちなみに私は8年間無事故無違反である。軽微な違反を全くせずに走る事は不可能です。法定速度20㌔道路では、メーター読みが出来ません。メーターの針がぶれてしまい必ず速度オーバーします。メーターばかりを見ていたら周囲の危険を察知できない。

そういう細かい違反も警察は捕まえる場合があります。ドライバーの方は十分注意しましょう!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/964-27f06471

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。