スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堺市長選に橋下の影


堺市長選 橋下府知事が全面支援した新人の竹山氏が初当選  9月27日21時49分配信 産経新聞

任期満了に伴う堺市長選が27日、投開票され、大阪府の橋下徹知事ら改革派首長らでつくる「首長連合」の支援を受けた新人の元府政策企画部長、竹山修身氏(59)が、3選を目指した現職の木原敬介氏(69)=自民、公明推薦=ら3人を破り初当選を果たした。
竹山氏は、橋下知事のほか、松山市の中村時広市長、名古屋市の河村たかし市長の応援を受けるなどして、無党派層のほか、実質的に与野党相乗りで選挙戦に臨んだ木原氏への批判票も取り込み勢いをつけた。
一方、自民、公明両党のほか、民主党と社民党の支部からも支援を受けた木原氏は2期8年の実績を訴えるとともに、組織力を背景に逃げ切りを狙ったが、衆院選直後とあって、各党の実動部隊の動きが鈍く及ばなかった。

堺市長選をめぐっては、橋下知事はともに府政改革に取り組んできた竹山氏の支援をいち早く表明。木原氏の与野党相乗り選挙を繰り返し批判していた。橋下知事らの首長連合は10月11日に告示、25日に投開票される神戸市長選についても、新人候補への支援を検討している。


 橋下府知事が行う行動には疑問が付きまとう。何をしようとしているのか?

首長を集め政治団体を作り、衆院選の支持団体を発表するという事もやってのけた。橋下府知事の人気を鵜呑みにする国民を手玉に取る方法を利用した結果が『政権交代』である。橋下氏の武器は『政治音痴』で『マスコミ』の偏向報道に踊らされている無党派層の国民である。橋下氏の政治団体が民主党を応援した事も大きく政権交代に関係しているだろう。しかし本当は【地方分権】に限って考えれば民主党を支持しているというだけのこと。外交、景気対策に関しては何も言及していない。だから愚かな国民は騙されたのである。

無党派層の無知な国民のおかげで『売国左翼政権』が始まった。自民は谷垣氏を自民党総裁として第一歩を踏み出したばかり。

そんな中・・・橋下府知事は地方行政を自らの手で動かすべく仲間を増やしにかかっている。元府政策企画部長、竹山修身氏(59)を支援し、応援演説までしていた。・・・結果、橋下府知事の人気によって何も知らない愚かな堺市民が竹山氏を圧勝に導く。橋下氏あっての竹山堺市長なので、『YESマン』になることは確実である。公明党北側元幹事長が衆院選で惨敗したこの堺市をどうしようと考えているのだろうか?大阪の財政赤字を堺市が何とかするとでも言うのだろうか?

橋下氏は定時制高校に通う学生にまで、大阪府の財政赤字のしわ寄せを行ったのである。定時制課程閉鎖実施し、他校への編入を押し進める。(天王寺高校定時制 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E5%AF%BA%E9%AB%98%E6%A0%A1)
子ども達が何をしたというのだろうか?働きながら勉学に励む学生に痛みを分け与えて平気な顔をしているが、これは許されるものではない。



一方、東国原県知事は・・・中立の立場を取っていると言いながらも、民主党、社民党への宮崎土産攻撃を行い、自分の存在をアピールしているのである。八方美人な行動は私は嫌いだ。早く知事を辞めやがれ!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/959-06474f49

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。