スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主政権 予算の無駄見つけられず


<補正凍結>9府省庁で1.7兆円確保 厚労省は4千億円
10月2日2時30分配信 毎日新聞

 政府が2010年度予算の財源捻出(ねんしゅつ)のために進めている09年度補正予算の執行停止で、削減規模が判明した9府省庁で少なくとも1兆7200億~1兆9200億円超を凍結、2兆円台に近い規模をすでに確保したことが1日、毎日新聞の取材で分かった。民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた独自政策に必要な経費は10年度当初で7兆円を超えることから、仙谷由人・行政刷新担当相らが2日以降、全省庁の見直し結果を精査し、さらなる積み増しを図る。

 マニフェストでは子ども手当創設やガソリン税の暫定税率撤廃など約7.1兆円の財源が必要と明記している。このため、政府は9月18日、約13兆9000億円に上る補正予算のうち、緊急性の低い予算の執行停止を閣議決定。各省に執行状況を精査するよう指示し、今月2日を回答期限としている。

 1日までに分かった執行停止額の各省内訳は、国土交通省7000億~9000億円▽厚生労働省約4000億円▽農林水産省3000億円超▽文部科学省2000億円程度▽総務省800億円程度▽警察庁約259億円▽外務省100億円程度▽内閣府約8億円。このほか経済産業省が数百億円程度になる見通し。

 国交省は高速道路関係や整備新幹線関係などの凍結を検討。農水省は農地集積加速化基金(2979億円)の大部分の凍結を決めた。厚労省は緊急人材育成・就職支援基金(7000億円)の一部を凍結。川端達夫文科相は1日の記者会見で、民主党が「アニメの殿堂」と批判してきた国立メディア芸術総合センター(117億円)について「建てない」と明言した。

 鳩山由紀夫首相は1日、首相官邸で記者団に「各省庁とも『要求大臣じゃなくて査定大臣だ』との思いで頑張っている」と強調した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000012-mai-bus_all

民主党が精査し査定した明らかな予算の無駄は1.7兆円となった。しかし財源確保の為に3兆円の無駄を省くと名言。あと1.3兆円は何を省くのか?

自公政権時の既に着工している公共工事を凍結させるか、官僚の官僚による官僚の天下りの為に作られた『財団法人』『独立行政法人』を廃止、縮小しなければ財源は生まれてこない。鳩山政権発足1ヶ月足らずで『増税』に関する話はタブーのようで、消費税、環境税はもちろん、宗教法人に課税する話さえも出てこない。

今は国民の鳩山政権に対する信頼性や期待感を裏切らない方向で調整しているようだが、いつまでも『八方美人政策』は持つはずがない。ある報道番組で元財務官僚が言いのけていた・・・

『鳩山政権には知恵と度胸がない!』


国民の期待を裏切らない事を考えていては、マニフェスト実行なんか出来ない。最初からそんな事わかっていたはずだが、選挙前の鳩山氏は「財源はある」としか言わなかった。政権交代をする為のハッタリ。これが一番最初の国民を裏切る言葉であったことは間違いない。

財源が確保できなかった時には、【埋蔵金】なる税金をどこからか引っ張ってくるのだろう。日本の財政も鳩山氏の献金も出所がわからない疑惑の金で運営していく事になるのでしょうね。

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/957-f5be1d4b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。