スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★拡散希望「南京大虐殺」政治決着の危険だそうです!




水間条項
http://mizumajyoukou.jp/?_Top
より
拡散「南京大虐殺」政治決着の危険
【12/21】http://mizumajyoukou.jp/?News%2F2009-12-21
日中共同歴史検証結果は、昨年の夏に発表する予定になっていましたが、延期され、今年の9月4日に決まっておりました。

ところが、8月30日の総選挙で民主党が政権を取った途端に、中国側が一方的に延期してきていました。

そして今回、「南京30万人虐殺」とか「 天安門事件」や「 反日教育」(愛国教育)など折り合いが付かないところを外して、急遽12月24日に近現代史以外を発表することになったようです。

そして民主党は、来年2月に、第2期の日中歴史共同研究会を発足させて、再スタートするようなことも報じられています。
実際、民主党政権下での 日中共同歴史研究となると、日本側のメンバーの選出は、日教組系の立派な「反日学者」が就任すると推察できます。

そこに、 天皇陛下への一連の不敬発言で、日本人とは思えない傲岸不遜な態度が白日の下に晒された、 小沢一郎解放軍司令官が「政治指導力」を発揮することになると、「 南京大虐殺」を認める共同研究が発表される可能性があります。

これは杞憂でもなく、「日本解体」(日本解放)を策している小沢一郎解放軍司令官は、中国の意向で天皇陛下を政治利用したことに比べると、いとも簡単に「南京大虐殺」と書き込ませることになると思われます。

この年末のクリスマスイブに共同発表することに、どのような意味があるのか知りませんが、岡田外務大臣に報告する24日まで、中国大使館公安部と政治報道調査部の眼前で、『「南京祭り!」の一冊に集中して「南京事件」の総括』で紀伊國屋書店デイリーベスト10入りを勝ち取りたいと願っております。

12月14日から20日までの紀伊國屋書店新宿本店店頭販売週刊文庫本ランキングで、『「南京事件」の総括』が第2位になりました。
また、デイリーベストでは、第7位に復活しました。

この記事の拡散をお願いいたします。

『「南京事件」の総括』の紀伊國屋書店ネット予約URLは、次の通りです。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4094060022.html


【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲 http://mizumajyoukou.jp/?Word%2F2009-12-27
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/天安門事件
   http://ja.wikipedia.org/wiki/反日教育

これだけは見て!↓

マスコミが最も恐れること 4.28
[[attached(1,center)]]

日本は青色発光体で世界に貢献!
【12/20】http://mizumajyoukou.jp/?News%2F2009-12-20
美と匠の遺伝子を兼ね備えている日本人の発明は、科学で人類に貢献しているのみならず、人に幸福感を醸し出す「美」でも貢献しています。

日本が青色発光ダイオードを発明してから、年末になると、街の至る所で「青い光」が輝いています。

青色発光と言えば、クラゲの「青い光」から、タンパク質発光を発見して、医療・化学ジャンルに貢献したことで、ノーベル賞を受賞した下村博士もいました。
それに今年の2月に、サントリーが「青いバラ」の生育に成功して、世界を驚かせました。

それぞれの研究過程で、「青い光」の神秘性に心酔したと思われる魅力が、「青色発光」にはありますね。

この美しい国民性を守るために、「南京祭り!」を広めて、「二十世紀最大の嘘=南京大虐殺」を粉砕しましょう。

12月20日付の産経に、日中歴史検証研究会の発表は、12月24日になったようだが近現代史に関してはまた延びたと報じられています。

その原因は、中国側が「南京30万人虐殺」説を取り下げなかったからとのことです。因みに、中国側座長は、遺棄科学兵器問題で小生を『週刊金曜日』誌上で、名指しで批判した中国社会科学院近現代史研究所の歩平所長です。

「南京祭り!」は、ドンピシャのタイミングになりました。中国大使館の公安部と政治報道部が、紀伊國屋書店デイリーベスト10の状況を見ていて、ごり押しするのは得策でないと、判断したのであれば至極当然の結果です。
皆様方に改めて感謝を申し上げます。

また、来年2月から民主党政権下で再度、日中歴史検証近現代史研究会が発足するようなことも報じられていますので、中国にトドメを刺すために「南京祭り!」の継続が必要と考えております。

「南京祭り!」のURLは次の通りです。〈 http://mizumajyoukou.jp/?Word%2F2009-12-27 〉

※添付した写真は、新宿駅北口広場で輝いていた「青色発光ダイオード」と、住宅街の民家の窓で輝いていた「青い光」です。

紀伊国屋店舗 http://www.kinokuniya.co.jp/04f/
和書デイリー http://bookweb.kinokuniya.co.jp/
ランキング(新宿本店) https://bookweb.kinokuniya.co.jp/hb/storebest.cgi?str=G2&cat=bunko
ランキング(梅田本店) https://bookweb.kinokuniya.co.jp/hb/storebest.cgi?str=J2&cat=bunko
ランキング(BookWeb) http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/best_wa.cgi?subj=bunko
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/best_wa.cgi?subj=bunko&offset=50


転載元: 気ままに小まんま

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/928-fbe81055

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。