スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与野党は創価学会の闇の真実を暴くべきだ、各界に巣食う池田信者を根絶せよ













人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、元後藤組組長の後藤忠政氏が自叙伝の中で創価学会を取り上げたのはご存知だと考えます。

「元後藤組組長《後藤忠政氏》が明かした「ヤクザと創価学会の真実」

「創価学会は人を利用するだけ利用して、用済みになれば簡単に切り捨ててきた。池田教が国家権力の中枢に入り込み、日本を乗っ取ろうとしている」

「池田や学会、公明党がガタガタ言ってくるんなら、いつでも相手になってやるよ。なんなら民主党も、学会と反目になって『黒い手帳』とかいう本を出した矢野さんと俺を、国会で証人喚問したらどうだ」
フライデー(講談社)5月28日号 発売中
http://www.bitway.ne.jp/kodansha/friday/scoopengine/index.html

>池田教が国家権力の中枢に入り込み、日本を乗っ取ろうとしている
>民主党も、学会と反目になって『黒い手帳』とかいう本を出した矢野さんと俺を、国会で証人喚問したらどうだ

私は本ブログで再三再四、創価学会と公明党は政教一致の違憲集団であり「池田大作」名誉会長と「池田信者」の長年に亘る野望とは政・財・官など各界を支配して「日本を創価学会の手中」に収める事で、これが「永遠の指導者」と呼ばれる池田大作氏が率いる創価学会の究極の目的で「総体革命」と名づける「日本のあるべき理想像」としている事を批判しており、「後藤組」との関係や「矢野」元公明党委員長の「国会招致」を行わない異常な政界について書き記しました。

私は昨日、「創価学会の批判」をされている方より「複数の掲示板で後藤氏の本が取り上げられているが、学会批判ではなく後藤氏の批判が多い。本の買占めも含めて学会が工作しているようだ」とのお知らせを頂いたので、私も掲示板を確認しましたが確かに様子が変だと感じましたし、政界では健全(?)野党の「共産党」でさえも黙殺しています。

[[attached(3, center)]]

↑右の本棚には池田大作氏の著書がズラリと!

創価学会の政界出先機関である「公明党」と連立政権を続けた「自民党」にとっても、公明党と「外国人参政権法案」を5回も共同提出している「民主党」にとっても痛手になるでしょうが、「与野党」の良識ある国会議員は「創価学会」の闇の部分の真実を暴くべきです。

本ブログには投稿文字数に制限がありますので、「池田側近(公明幹部)と暴力団の絆」『月刊現代二月号』の一部のみ引用しますが全文はアドレスをクリックしてお読み下さい。http://otarunounga.hp.infoseek.co.jp/gendai2.htm

【暴力団との密会】

小沢一郎の側近、平野貞夫(当時新進党参院議員)が友人の権藤恒夫から「会いたい」という連絡を受げたのは1996年(平成8年)3月6日のことだった。権藤は公明党時代に国対委員長として活躍した新進党の代議士である。・・・(略)・・・「ようやく政府を追い込んだというのに、妥協の話はないでしょう。何があったんですか」平野がそう言うと、権藤は怒りで顔を歪めながら小声で話しはじめた。「野中さんが会いたいというので久しぶりに会ったんだが、とんでもたい話だった。『公明』代表の藤井富雄さんが暴力団の後藤組の組長と会ったところをビデオに撮られたらしい。そのテープを自民党側に届けた者がいるということなんだが……」

藤井は創価学会名誉会長・池田大作の側近といわれる東京都議で、後に野中とともに自公連立の牽引車となる人物である。当時は新進党に合流していない旧公明党参院議員と地方議員を束ねる「公明」代表をつとめていた。その藤井が山口組きっての武闘派として知られる後藤組(本拠・静岡県富士宮市)の組長・後藤忠政と密会している場面を隠し撮りしたビデオテープがあるというのである。「脅かされているので妥協したいということなのですか?」平野の問いに権藤が答えた。「ことは暴力団がからんだ問題だ。学会も気にしているから放っておけない。このままだと公明系(の新進党議員)がもたなくなるので、何かいい知恵はないだろうか」

平野は権藤と2人で党首の小沢に報告に行った。小沢は、「学会が困っているんだから、話し合いをしてやれよ」と、権藤・野中ラインでの交渉開始を了承したが、・・・(略)・・・

【組長に襲撃依頼!?】

住専国会で新進党切り崩しの材料になった「密会ビデオ」。その存在が永田町の一部で密かに取りざたされるようにたったのは、これより3ヵ月前の95年12月ごろのことである。当時、自民党の組織広報本部長として反学会キャンペーンの先頭に立っていた亀井が「命を狙われている」という噂が流れた。

まもなくその噂を裏付けるように亀井付きのSPが増員され、亀井の車はつねに警視庁の警備車両2台にはさまれて移動する騒ぎになった。村上正邦の元側近が語る。「騒ぎの発端は、藤井さんと後藤組長の密会ビデオでした。亀井さんが入手したそのビデオのなかで、藤井さんは反学会活動をしている亀井さんら4人の名前を挙げ『この人たちはためにならない』という意味のことを言ったというんです。受け取りようでは後藤組長に4人への襲撃を依頼したという意味にもとれる。それで亀井さんと村上、警察関係者、弁護士、私も加わって対策会議が開かれたんです」・・・(略)・・・

【学会の裏社会に対する防波堤】

東海道新幹線新富士駅からタクシーに乗り換え、北へ約40分ほど走ると、富士山のすそ野に広大な墓地が見えてくる。創価学会の「富土桜自然墓地公園」(敷地面積122万平方メートル)である。この墓苑開発をめぐって地元・富士宮市議会で賛否両論が巻き起こり、暴力団による傷害事件にまで発展したのは今から30年近く前のことだ。学会の元顧問弁護士・山崎正友が書いた『懺悔の告発』(日新報道刊)によると、この墓苑開発は70年代に始まり、総額2百数十億円にのぼる工事を自民党市議の会社が中心となって請け負うことになった。だが、市長や自民党市議の勢力と反対勢力との政争もからんでトラブルが続発した。

双方の陣営への賄賂と地元暴力団の積極的な協力で何とか完成にこぎつけたが、最後まで妨害した人物に対しては暴力団がその自宅にブルドーザーで突っ込み、日本刀で片腕を切り落とす荒療治で鎮圧したという。この暴力団の組長が密会ビデオに登場するという後藤忠政だ。・・・(略)・・・

元学会幹都の岡本勇(仮名)が証言する。「藤井さんが後藤組長と接触する直接のきっかけは、学会本部が右翼・暴力団の街宣車に悩まされたことでした。それを抑えるため藤井さんは元警視総監らの仲介で後藤組長に会い、彼とのパイプをつくった。それ以来、藤井さんは学会の裏の仕事を引き受けるようになり、『醜(しこ)の御盾(みたて)』、つまり学会の裏社会に対する防波堤として力をつけていったんです」・・・(略)・・・

[[attached(4, center)]]

昨年の衆院選では民主党の刺客候補に惨敗をして野党に転落した「公明党」ですが、何が何でも政権与党にいたい公明党は「鳩山政権」に歩み寄っており、次期参院選の前に池田信者の正体を暴くべきです。

与野党の良識ある国会議員は、創価学会の闇の部分の真実を暴くべきで、各界に巣食う池田信者を根絶すべきです。

良識ある日本国民の皆様、創価学会についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/893-81cbf689

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。