スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーメラン菅直人氏が第94代首相、鳩山氏の首相辞任にはあの国のあの法則が発動した



















人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、民主党の新代表である菅直人首相が誕生したのはご存知だと考えます。

菅新首相が初会見、「人事すべては全くの白紙」

衆参両院で第94代首相に選出された菅直人新首相は、民主党本部で4日午後6時から記者会見した。

 菅新首相は組閣について、「官邸機能の強化、内閣の一体性、党としての全員参加、そうした体制をつくらなければならない。そのためには、一度、頭を休めることも含め、時間を貸して欲しい。週明けのそう遠くないうちに、会見で報告できると思っている」と語った。
(6月4日 産経新聞)より一部抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000856-yom-pol

最後まで迷走した鳩山内閣(平野官房長官)は3日、新内閣発足に必要な「天皇陛下による首相の任命式と閣僚の認証式」について「陛下のご静養は5日から8日と聞いている」と述べ4日の日程(ご公務と静養出発)に支障はないとして、本ブログでも記事としました昨年12月に民主政権が「30日ルール」を破り「天皇陛下と中共の習近平国家副主席」との会見をさせた「天皇陛下の政治利用」が又されるかとご心配された方も多いと考えます。

私は本日(4日15:00)宮内庁担当者に状況をお聞きしましたが「両陛下は本日より葉山の御用邸で予定通り8日までご静養されます」とのご回答を頂きました。

私は本ブログ開設時より述べてきましたが、私は自民党支持者ではなく「自民党にも売国議員」がおり問題も多く「創価学会」の政界出先機関である「公明党」との「売国連立政権」を続けていると批判した上で、民主党こそは政権交代の為には実現不可能でも「国民受けの良い政策」を並べ立て「政権交代後」には「政策集INDEX2009」にある数々の売国法案成立を目指す「亡国政権」だと糾弾して来ました。



私は一民族主義者であり政治ブログ主宰者ですが、本日は菅直人氏が民主党代表に就任して「第94代内閣総理大臣」が誕生した日なので「菅氏については極力ソフト」な記事を書かせて頂きますが、民主党は「自民党のスキャンダルを攻撃」すると「100%の確立で民主党にも同じ問題が発生する」と言われ「民主党のブーメランの法則(攻撃)」と笑われていますが、特に「菅氏が問題を攻撃する発言」をすると「ブーメラン発生率が跳ね上がる」とまで言われています。

菅氏が、小泉政権の3閣僚が年金未納だったことを「未納三兄弟」と攻撃するが管氏も未納であった事が発覚。管氏は代表を辞任し頭を丸めて四国へお遍路の旅に出る。その後、管氏の年金未納は厚生労働省の不手際である事が判明して管氏は「厚生労働省の責任だ」と与党を攻撃するが、当時の厚生労働大臣は管氏である。

菅氏が小泉首相に「靖国参拝は憲法違反だ。総辞職しろ」と非難する。小泉総理が1月1日に靖国神社参拝をすると菅氏は「8月15日に参拝しないのは公約違反だ。総辞職しろ」と呆れた発言をする。

菅氏が「二世議員の存在は絶対に良くない」と批判する。菅氏の息子が選挙に出馬すると「政治家として優れた人間がたまたま息子だった」と言い訳する。

管氏が、橋本元総理の女性スキャンダルを追求中に管氏自身の戸野本優子との不倫が発覚する。「一夜を共にしたが、男女の関係は無い」と管氏は世間が呆れるような言い訳をする。

管氏がテレビに出演している民主議員の情けない状況に「TVタックルに出てやられっぱなしじゃないか。しっかりしろ」・「ハマコーさん、金配っていましたね」と言えばいいと指南。浜田氏より「あれは小沢からのカネだ」と暴露される。

菅氏が自民政権の経済政策を非難していたが、政権交代後の民主党政権で「鳩山不況」と言われ二番底も懸念される経済状況の中、担当大臣である菅氏は自分のHPに「最近経済における『第三の道』を考えている」などと堂々と記した。本来は政権交代前にきちんと考えておくべき課題で何も政策がないことを認める経済音痴を発揮する。

[[attached(3, center)]]

私は本ブログで再三再四記事としていますが、民主党は野党時代から「韓国第一」の反日政党で、「永住外国人への地方選挙権付与」は1998年の「民主党結党時から基本政策」の一つに掲げられ、「民主党」と言えば支持母体に在日韓国人で組織する「在日本大韓民国民団」(民団)がおり昨年の衆院選でも「永住外国人参政権付与」に賛同する「民主党」の候補を支援すると表明しました。

小沢氏は2008年2月に訪韓した際には李明博大統領の就任直前の会談で「在日韓国人の地方参政権」を認めるよう求められ「実現できるよう努力する」と積極姿勢を表明し、2009年12月に訪韓した際には日韓の歴史について「現代史の中で不幸な時代があった。日本国と国民として、謝罪しなければならない歴史的事実だ」と述べ、永住外国人地方参政権付与についても「政府提案で出すべきだと思っている」と述べたばかりか、韓国が「天皇陛下に土下座して謝罪せよ」と言う「ご訪韓」についても「韓国の皆さんが受け入れ、歓迎してくださるなら結構なことだ」と快諾したかの発言をしました。

民主党の金融対策チームは2008年11月25日、金融危機対応策の追加策として「行動計画」の原案の中にIMF(国際通貨基金)への資金支援だけでなく「特定国への個別支援」を発表しており「民主党の指す特定国」とは経済危機にある「韓国」で、小沢氏は母方の墓参には「韓国の済州島」へ行くとの風評があり、これを考えれば小沢氏が率いる民主党が「韓国第一」の反日政党なのも不思議ではありません。

鳩山氏も「永住外国人地方参政権」だけではなく、日韓強制併合や朝鮮植民地支配など「韓国が捏造した歴史」を認めており、「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」(慰安婦と名乗り出た韓国人に謝罪と賠償金を支払う)の成立まで目指していますが、現在の日本占領憲法下で「歴代5位の短命政権」に終った原因は「政治と金の問題」・「米軍普天間基地移設問題」ではなく、本ブログでも記事としている「あの国のあの法則」が発動したと考えます。

本ブログには登校文字数に制限がありますので「あの国のあの法則」についてはアドレスをクリックしてご覧下さい。「あの国のあの法則」(歴史と実例が証明する朝鮮半島の法則)http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/housoku.html

5月25日に「東京ヤクルトスワローズ」は、6月6日の千葉ロッテマリーンズ戦で「韓流(はんりゅう)Day」とのイベントを行う予定を発表し、両チームで「韓国人選手が活躍している」ことから当日は「ハングル語」で「ヒムネラ(頑張れ)」と書かれた「ハングル応援ボード」と「韓国の美容クリーム」を配布して「両チームの韓国人選手を応援」してもらいながら「トッポギの炒めもの」・「海鮮キムチチヂミ」などの販売をする「韓国物産展」や「韓国ペア旅行」・「韓流ドラマ」(PPV-DVD)などのプレゼントの実施で「来場の皆様に韓国を身近に感じていただきます」としましたが、発表された翌26日には「高田繁監督が休養(辞任決断)」を表明して「あの国のあの法則」が発動したと考えます。

鳩山氏は首相辞任前の5月29日、韓国の済州島で李明博韓国大統領と会談し「韓国海軍哨戒艦沈没」をめぐる北朝鮮対応で「日本として心から韓国を支持する」と表明しましたが、帰国直後の6月2日には「首相辞任」を表明して「あの国のあの法則」が発動したと考えます。

[[attached(4, center)]]

[[attached(5, center)]]

鳩山氏だけではなく、鳩山夫人が韓国人男優(ペ・ヨンジュンなど)を大好きなのは有名で、韓国人男優であり永住外国人地方参政権を求める「民団」の「イ・ソジン」広報大使は首相公邸に招くほど親密な関係なのです。

鳩山婦人については常日頃ご来訪を頂いている方々よりいろいろな情報を頂戴していましたが、私としては一応でも「日本国総理婦人」(ファーストレディ)との立場を考慮して取り上げませんでしたが、本日の記事は以下のネット上の風評をご紹介して終らせて頂きます。(↓右下クリックで拡大)

[[attached(6, center)]]

良識ある日本国民の皆様、菅新総理誕生と鳩山前首相辞任についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/890-ebed1cfb

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。