スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公教育の現場で取り上げるべきです

イメージ 1
 
「映画『氷雪の門』オフィシャルサイト」より引用です
 
「樺太1945年夏 氷雪の門」の再上映に関して
この度、「樺太1945年夏 氷雪の門」を36年振りに公開することになりました。本作に関わられました出演者、スタッフ並びに配給関係の皆さまに感謝を申し上げます。153分と 109分の二つのヴァージョンがありますが、今回上映する上映素材は、数少ない残されたプリントのなかから、テレシネをして、再編集をした119分のものです。多くのプリントが散逸し、保存状況も最良とはいえませんが、この日本の閉塞した状況の中で公開することに大きな意味を感じております。いくつかのお見苦しい点もございますが、ご容赦願えれば幸いです。
                                  「氷雪の門」上映委員会 新城 卓
 
イメージ 2
「みなさん、これが最後です、さようなら、さようなら
9
人の電話交換手の乙女は、何故死を選んだのか !!
これは時代に圧殺された真実の物語
イメージ 3
語り継がなければならないこの史実
現在ロシア領サハリンと呼ばれるかつての樺太。1945 815日の終戦の混乱の中、この地で多くの日本人が死んでいった。86日、米軍による世界初の原爆が広島に、続いて89日には長崎にも投下された。同日、ソ連は「日ソ不可侵条約」を破り、満州、樺太に侵攻した。本作『樺太 1945年夏 氷雪の門』は、ソ連の侵攻作戦のただなかで、最後まで通信連絡をとり、若い生命をなげうった真岡郵便局電話交換手 9人の乙女の悲劇を描いた真実の物語である。戦争は終わったはずなのに、何故、彼女たちは死を選ばねばならなかったのか。この映画はその深層に挑んだ。
 
空前のスケールで描かれた平和への願い
1974
年当時、日本の映画界にしては珍しくスケールが大きく、製作実行予算が5億数千万を超えた超大作として話題を呼んだ。戦闘シーンを陸上自衛隊が全面協力し、撮影場所も終戦時の樺太に似た地形を求めて、北海道全域をはじめ、御殿場、丹沢、大山、そして常盤炭鉱地にオープンセットを組み立ててロケを行った。原作は金子俊男の「樺太一九四五年夏・樺太終戦記録」。脚本は「幕末残酷物語」の国弘威雄、監督は「あゝ海軍」の村山三男、撮影は「早池峰の賦」の西山東男、美術は木村威夫。特に少ない資料の中から樺太の街を作り上げた木村威夫の美術は圧巻である。
 
残された 1本のフィルムが、 36年の時を経て今甦る!
日本映画に、なぜか樺太を扱った映画はない。『樺太 1945年夏 氷雪の門』こそ、樺太の史実と事実を残した唯一の映画である。企画・製作に9年もの歳月をかけ、試写会やアンケート調査を重ね、内容を吟味した末、完成に至り、文部省選定や日本PTA全国協など各種団体の推薦も受けていた。また、本作の期待度の高さは、前売り券の売れ行きが70万枚に達していたことからも伺える。しかしながら、本作の公開が予定されていた 1974329日を目前に、急遽、公開中止となってしまう。当時の新聞資料等は、ソ連大使館から外務、文部両省に「反ソ映画の上映は困る」との抗議により、配給会社が自粛に至ったと報道している。その後、東映洋画配給によって北海道・九州での2週間ほどの劇場公開がされるものの、実質的には日の目を見ることはなかった。6年前の2004年、唯一残された貴重なフィルムが発掘された。新しくデジタル処理を施し、本年ついに劇場公開となる。
1945年夏、太平洋戦争は既に終末を迎えようとしていたが、戦禍を浴びない樺太は、緊張の中にも平和な日々が続いていた。しかし、ソ連が突如として参戦、日本への進撃を開始した。北緯 50度の防御線は瞬く間に突破され、ソ連軍は戦車を先頭に怒濤のごとく南下してきた。戦禍を被った者たちは、長蛇の列をなして西海岸の真岡の町をめざした。真岡郵便局の交換嬢たちは、4班交代で勤務に就いていた。彼女たちに中には、原爆を浴びた広島に肉親を持つ者がいる。最前線の国境に恋人を送りだしたものがいる。戦火に追われて真岡をめざす姉を気づかう者がいる。刻々と迫るソ連軍の進攻と、急を告げる人々の電話における緊迫した会話を、胸の張り裂ける思いで聞き入るほかになすすべがなかった。815日。全く突然に終戦の報がもたらせられた。敗戦国の婦女子がたどる暗い運命、生きられるかもしれないという希望、様々な思いが交錯する中で、樺太全土に婦女子の疎開命令が出た。一人、また一人と、交換嬢たちも引き揚げて行く。だが、その中には命令に従わず、決死隊 " としてその編成に参加し、交換手として職務を遂行しようと互いに励ましあい、責任を果たそうと心に誓う20名の乙女たちがいた。ソ連の進攻は依然として止むことなく、むしろ、激しさを増した。戦争は終わったのではないか?人々は驚愕し、混乱した。それは 820日、霧の深い早朝。突如、真岡の町の沿岸にソ連艦隊が現われ、艦砲射撃を開始した。町は紅蓮の炎につつまれ、戦場と化した。この時、第一班の交換嬢たち9人は局にいた。緊急を告げる電話の回線、町の人々へ避難経路を告げ、多くの人々の生命を守るため、彼女らは職場を離れなかった。じりじりと迫るソ連兵の群。取り残された 9人の乙女たち。胸には青酸カリが潜められていた。局の窓から迫るソ連兵の姿が見えた。路上の親子が銃火を浴びた。もはや、これまでだった。班長はたった一本残った回線に「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら」と告げると静かにプラグを引き抜いた
 
 
文部省選定 優秀映画鑑賞会推薦 青少年映画審議会推薦 全日本教育父母会議推薦 日本PTA全国協議会特別推薦 後援:北海道新聞社 稚内市
 
「映画『氷雪の門』オフィシャルサイト」より引用です
 
ロシアの鬼畜を忘れるな!
北方領土返還!
 
最後の最後まで戦いぬいた真岡の乙女の死を無駄にするな!
 
 
イメージ 4←応援クリックお願いします。


イメージ 5←こちらも宜しくお願いします。
 


転載元: 吉田明彦

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/872-f343ce3f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。