スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日抗議デモは中共に対する怒りの裏返し?




 

反日デモ スローガン、行進コース…警察が管理して“ガス抜き”

 【北京=矢板明夫】北京の日本大使館前などで18日に行われた反日デモは、時間やスローガン、行進コースなどすべてが警察によって管理されたもので、国民の不満をガス抜きさせるための「官製デモ」であったことを強く印象づけた。
 北京の大使館前では警戒線が張られ、立ち入りが規制されるなかデモが実施された。手製の日の丸を燃やそうとする過激な行為は警官が中止させるなど、デモがエスカレートしないように注意が払われていた。
 デモ参加者の中心は、30代後半から40代半ばまでの中年男性。ある大学関係者によると、1989年の天安門事件を招いた大規模な民主化運動では、10代後半から20代前半の若者が中心だったため、中国当局はそれ以降、大学生を政治絡みの社会運動に参加させないように監視を強めている。
 17日夜に湖南省から列車で上京したという男性(20)は「中国政府はあまりにも弱腰なので、私たちが声をあげなければいけない」と興奮気味に話していた。中国当局が警戒するのもこうした若者だ。
 北京のデモ隊はこの日、日本大使館周辺で「日本人を中国から追い出せ」といったスローガンを叫んでいる間は、ほとんど警察に干渉されなかった。しかし、デモ隊が市内の中国外務省のビルに向けて行進し、「中国の外交は弱腰だ」などと叫び始めると、すぐに警察が介入して外務省への行進を阻止した。
 デモ隊の中に、「深●(=土へんに川)市の腐敗問題を追及しよう」と大書された紙を突然高く掲げた中年男性がいた。地方から来た陳情者とみられ、近くにいた私服警察とみられる複数の男性にすぐに取り押さえられた。
 デモが終わったこの日午後、市内で警察幹部らが握手し、計画通り、批判の矛先を政府に転化させず、デモの過激化を防いだことを祝う場面もみられた。
 
 


 
 現在日本で起きているデモとなんら変わりはない。違うと言えばそこに真実があるかどうかの違いである。
 
 日本には諸外国による内政干渉、領海侵犯、領土占領に加え、極端な親米総理、極端な親中、親韓総理が日本の進むべき方向を狂わせ、国民の不満を招いている。官僚による金に絡んだ様々な問題、政治家による脱税、違法献金、日本の国益を損ねる政策、法案・・・それらを糾弾すべく、日本国民が立ち上がり声をあげ、左右の思想団体、市民団体がデモを行う。
 
 それらのデモは公安警察、警備が日本国民のガス抜きの為に行わせる。ガスを抜くだけではなく、国家を脅かす団体、個人を特定しいずれ逮捕する為に活動をさせている。それらの活動家を日本の公安どもは『テロリスト』と位置づける。
 
 中共はどうだろうか?中国共産党の一党独裁政権が続き、貧富の差が激しい。少数民族は漢民族に弾圧、虐殺され、中共に対する不満は相当なものだろう。天安門事件以降、民主化運動を行う自国民を監視し圧力を加える。情報を統制し、報道は規制され、政権に対する批判の声を弾圧する。それらは日本の公安警察が行っているものと、さほど変わりはない。
 
 尖閣諸島での漁船追突事件を受け、日本政府は「領海侵犯」として船長を捕まえたが、中共は日本に対し圧力を加えている。大使を複数回呼び出し、日本への観光客を足止めし、デモ隊は在中日本大使館や日本人学校、日本企業に対する器物損壊を繰り返す。そこには尖閣諸島の歴史認識の欠如が見られる。デモ隊の歴史認識不足なら分かるが、中共は隣国に対する侵略行為を行っている。歴史認識不足なんかではなく、それが中華思想であり、三国志に代表される国盗り合戦なのである。
 
 中国国内で民主化運動を行う中国国民、チベット、ウイグル等の少数民族、中共の属国となりつつある台湾、これらに日本政府は助け舟を出さなくてはならない。日本政府が中共の作られたバブルのおこぼれを貰っているうちに、それらに関わる人々、さらに東南アジアからの日本国の信用というものが無くなってしまう事に気づいて欲しい。そして中共が政権崩壊した時に日本は本当の『反日デモ』を受けることになる。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/846-8a2b259c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。