スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中共を潰しにかかりましょう!

「日本に資格なし」 中国報道官、菅首相の為替発言を批判

2010.10.15 14:41
このニュースのトピックス:中国
 中国商務省の姚堅報道官は15日の定例記者会見で、外交通商上、摩擦が生じた国に対し中国がレアアース希土類)の輸出制限を対抗措置として使うことはしないと語った。同時に、自国通貨を安値誘導する為替政策の是正に向けて、菅直人首相が中韓に協調を求めたことに対し「(対中ビジネスで利益を得ている)日本に資格はない」と批判した。
 中国漁船衝突事件を受けて中国のレアアースの対日輸出は滞ったが、中国商務省は対日輸出を止める指示を出していないと日本側に回答。このため、報道官の発言を額面通りに受け止められない可能性もある。
 報道官は、中国が実施しているレアアースの輸出規制措置について、世界貿易機関(WTO)の規則に合致しているとの考えを示した上で「環境保護のためだ」と理解を求めた。(共同)


 
中共に日本を責める資格無し!
 
中共からのレアアース輸入割合が90%を超える日本。その他多数の商品を反日国家中共からの輸入に頼りきっている。
 
レアアースの輸出制限が実質行なわれ、日本国は危機感を覚えた。日本で作られる家電、ハイブリットカーなどの全てにレアアースは使われている。完全に輸出制限がかかれば、日本の工業、流通、輸出が完全に止まることとなる。
 
危機感を受け、レアアース等の希土類の輸入先をバラけさせる方針を民主党政権は取った。当たり前の決断である。それに対し危機感を募らせているのは中共である。尖閣諸島の領有権に関し強固な姿勢をとり、レアアース輸出制限と言う脅しを行なった。レアアースの値段を引き上げる事もこれから行なおうと考えていただろう。あまりに強固な姿勢を取りすぎて現在の日本への輸出量が減ってしまえば元も子もない。今になって「尖閣とは関係ない。環境保護の為だ」と言いのけるビビリの中共。
 
今さら環境保護だの言っているが、環境などひとつも考えたこと無いくせに・・・。
 
 
 
 
食品だけではなく、中共からの全ての輸入品を、日本国内での生産、そして東南アジア各国にシフトする事が、発展途上国の益々の発展の為になり、日本の未来を明るくする為になるのである。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/826-f9eb3aa0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。