スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿にしているのか?谷亮子!?

谷亮子 引退会見一問一答





 大勢の報道陣が集まり行われた谷亮子の会見=東京・永田町(撮影・村中拓久)
 大勢の報道陣が集まり行われた谷亮子の会見=東京・永田町(撮影・村中拓久)
 (冒頭のあいさつで)
 「本日、競技生活の第一線を退くことにいたしました。これまで応援していただいた日本中、世界中の多くの方々、また世界中の選手のみなさんに感謝したい。今後はスポーツの環境づくりに取り組んでいきたい
 ‐引退を決断した理由は。
 「きょうまで政治家と選手の両立を目指してやってきました。私はみなさんの応援によって、前へ前へと突き動かされてきました。その中でスポーツ全体の振興やスポーツの環境を整えるということに対しての気持ちが強くなってきた
 ‐これまで現役生活で一番印象に残った試合は。
 「田村亮子時代、谷になってから、そして母親になって、多くの試合に出させていただいた。どれも思い出深い試合ですが、ひとつは中学3年生、15歳で世界の舞台に立った福岡国際。あの大会は今でも印象に残っています。2000年のシドニー、結婚してからの04年の連覇。そして、07年の(世界選手権での)『ママになってからの金』というメッセージを送れたこと」
 ‐引退を決断するまでに悩んだか?
 「悩むということはなかったです。国政に進んでスポーツ議連の会長を務める中で、もっとスポーツの環境を充実させていかないと、と思った。世界に比べて日本は遅れているし、せっかく、国政の場に送ってもらったのだから、そういう場で力を発揮しようという気持ちが、競技よりも強くなった」
 ‐悔いはあるか。
 「決断にあたって悩んだことはなかったので、悔いはない。アマに引退という言葉はないといいます。海外でも一度辞めた選手が復帰することはよくあります。そういうことも心強く思います」
 ‐政治と柔道の両立はできていた。
 「公務はあったけれど、政治活動の合間でも、夜遅い時間や早朝にトレーニングを積み重ねていました。両立はできていた
 ‐決断した理由に年齢的なこともあるか。
 「20代をすぎたころから、下り坂になるとよく言われますが、そうではない。20代でできなかったことが30代になって、30代でできなかったことが40代になってできることがある。スポーツに年齢は関係ないと思う」
 ‐これで重圧から解放される。
 「これまでプレッシャーを感じたことはない。大きな期待を力に変えてきたので。ずっと重圧というより応援ととらえていた」
 ‐家族は何と言っている。
 「主人(巨人・谷)には13日の夜に話しました。これまでもそうですが、私のことをずっと応援してくれているので」
 ‐2016年に復帰する可能性はあるのか。
 「まあ、できる環境が整えば」
(2010年10月16日)

上記一問一答は、日本国民を馬鹿にしているとも言える。
 
元々政治に関しなんら考えを持っていなかったはずの谷亮子が、『小沢一郎の求愛ダンス(笑)』に手と手を握り締め、政治家になる事を決意。有権者は先の参院選で谷亮子は客寄せパンダであると揶揄していた。本人も始めからその辺は了承済みだろう。新聞各社、報道各局は「柔道と政治の2足のワラジ」を前面に出し、応援する傍ら、批判をしていた。実際は「子育て」を含む「3足のワラジ」を履いているのである。
 
客寄せパンダと言われながらも、3足のワラジを履いた谷亮子に応援する国民がいる。そんな谷亮子に大切な一票を投じたものもいる。この会見により有権者を裏切る行為になる事は予想できていただろう。じゃ何故政治の世界に飛び込んだのか?それは柔道で数々のメダルを勝ち取ってきた、谷の浅はかな「名誉欲」の為であろう。
 
上記の文の赤の部分は、谷の本心と嘘が入り混じっている文である。記者会見は引退会見と言う事で進んでいるが、谷は一言も「引退」と言ってない。後に出てくるが、アマに引退は無い」と言い切った。単にロンドンオリンピックは目指さないだけである。それが「第一線を退く」という曖昧なニュアンスになったのである。
 
さらに・・・
「悩むということはなかったです。国政に進んでスポーツ議連の会長を務める中で、もっとスポーツの環境を充実させていかないと、と思った。世界に比べて日本は遅れているし、せっかく、国政の場に送ってもらったのだから、そういう場で力を発揮しようという気持ちが、競技よりも強くなった」
と言っているが、この発言は選挙に立候補する際に言うべき文言である。今さらこのような事を述べる事自体、政治を甘く見ており、有権者を馬鹿にしている。
 
が!しかし、今度は・・・
「決断にあたって悩んだことはなかったので、悔いはない。アマに引退という言葉はないといいます。海外でも一度辞めた選手が復帰することはよくあります。そういうことも心強く思います」
柔道復帰を既に考えている発言をしている。スポーツの環境の充実はほんの数年で解決できる事なのだろうか?経済的に困窮している日本国の大事な予算を、スポーツの環境整備に使わせてくれるのだろうか?その辺は「2位じゃダメなんですか?」の蓮舫議員としっかり仕分けられないように話して頂きたい。
 
働きながら子育てする女性の姿を谷亮子は体現し、共感されているようであるが、実際は反感をかっていると思われる。子育てするにはカネが必要である。そして周囲の手助けが必要である。谷の様に両親が子育てを行っている。だから政治の世界に飛び込む事が出来る。両親がいなかったとしても、カネがあるから24時間お手伝いさんを雇う事もでき、保育所に入れることなく、幼稚園に入園するであろう。
 
世の中の働きながら子育てする女性はそうはいかない。生活の為に働きたいが、保育園への月謝が重くのしかかる。長い時間子どもを預ければそれだけ月謝も比例する。24時間保育を行なえば、月謝もかさみ、親と子の愛着関係の構築が崩れ、粗暴な子どもが増える。逆に親の育児放棄も増える。母子家庭であればなおさら大変である。企業の子育てに対する環境作りは進んでいない。このままでは一家心中の危険や、大阪西区で起きた育児放棄の二の舞になる。
 
この一年で3度も少子化担当大臣が変わっているが、どのような対策を講じているのか?そして谷が自身が世間にどれほど影響力を与えているか、その影響力によりどれだけの女性たちが大きな「ため息」をついているか考えるべきである。だからこそ、国民をあざ笑うかのような「引退発言もどき」は国民を馬鹿にしていると感じるのである。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/824-09b51f6c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。