スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日教組HPでアグネスチャンが教育を語っている。



■ 建物がなくても
  •  先生がいれば学校はできる
  • 歌手・エッセイスト・教育学博士
    アグネス・チャンさん
アグネス・チャン
1972年「ひなげしの花」で日本歌手デビュー。上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学を卒業。89年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。94年教育学博士号取得。98年、日本ユニセフ協会大使に就任。現在は、芸能活動ばかりでなく、エッセイスト、目白大学教授(客員)、日本ユニセフ大使など、幅広く活躍している。

――どんな幼少時代を過ごされたのですか?

 目立たない子でしたよ。6人兄弟の4番目ということもあって、華やかな姉たちに比べ、内気で学校でもおとなしかったです。
 
――今のパワフルな姿からは想像できません(笑)。

 変わるきっかけは、ふたりの学校の先生です。
 何事にも消極的だった私は、小学校6年生の時、最も習熟度の低いクラスになりました。いわゆる"落ちこぼれ"です。でも、そのクラスの担任の先生は、いつも私に「可愛い、可愛い」と言ってくれるのです。後で分かったことですが、実はクラス全員に言っていたのですが(笑)。存在そのものを認められた子どもたちは、安心して力を発揮できるようになりますよね。私ももっと認められたくて、一生懸命勉強し、成績もあがっていきました。

――もうひとりは?

 中学校のフォークソングクラブの顧問の先生です。「あこがれの先生のそばにいたい」という一心で、引っ込み思案だった私が、クラブ入部のために歌のオーディションを受けたのです。そこで「おー、天使の声だ」と言われ、その後、歌手になるのですから、私ってつくづく褒め言葉に弱い(笑)。
 今思い出しても、すごく素直な気持ちに戻れます。子どもにとって先生ってそんな存在ですよね。

――今は、現場の教職員にとって悩み深い時代です。

 先生は人生に影響を与える大きな存在です。だから、いつも明るく元気でいてもらいたいものです。
 私は「先生の日」というのを創ってはどうかと考えています。「母の日」や「父の日」があるように、自分の恩師に感謝の言葉を贈る日。私たち大人も、振り返ってみて、感謝したい先生がいますよね。今の先生たちも保護者も、だれかに教わって大きくなったのだから、だれにでも感謝したい先生がいるはずです。

――面白いその発想はどこから来るのですか?

 ユニセフの活動を通して、学校や先生のありがたさを実感しているからです。
 私たちは、ティモールなど、戦争後の町や村で、「バック・トゥ・スクール・キャンペーン」を行っています。家をなくし、大人はみな絶望的になり、なかなか社会復帰できない。そんな中、先生がひとり立ち上がると社会は変わっていきます。焼け跡の一本の木の下で、先生が「授業を始めます」と呼びかけると、親が張り切ります。自分が立ち直ってなんとか子どもを送り出さなきゃ、と。学校がはじまると、人や情報が集まり、そこで水や食糧を配ったり、予防注射をしたり。そうして、だんだん街が元気になってゆきます。だから、私たちが村に入って最初にすることは、先生になれる人を探すことです。
 「建物はなくても、先生がいれば学校はできる」。
 これが私の持論です。

――保護者をはじめ社会の姿勢も問われますね。

 何といっても、「教育の基本は家庭」です。学校や先生は子育てを手伝ってくれる貴重なパートナーであるはず。保護者が先生にプレッシャーをかけたり、学校の責任を追及したりするというあり方は、根本的に間違っていると思います。国や社会全体で、未来を担う子どもたちを育てていけるよう、周りの大人がしっかり協力していくことが大切ですよね。

――子育てに悩んだり迷ったりしている保護者の方にアドバイスをお願いします。

 まずは、お子さんのいいところを褒めること。悪いことをしたら、叱るのは親として当然ですが、叱られてばかりだと、子どもは存在自体を否定されているように感じてしまいます。叱る時も「今、あなたがやっていることには賛成できないけど、あなたのことは大好きよ」ということが伝わるようにしましょう。その場で理解できなくても、いざという時、きっとそれが支えとなります。


 
さて、まずこのような対談が行なわれる事について・・・必要か?アグネスチャンを招き、組合費で対価を払っていると思う。アグネスチャンだけではない。様々な芸能人、有名人を招いている。ギャラはどれだけ払っているのか?
 
■アグネス・チャンさん【NEW】 Vol.9 (2010年)
歌手・エッセイスト・教育学博士
建物がなくても先生がいれば学校はできる

詳細
■王 貞治さんVol.8 (2009年 夏号)
(福岡ソフトバンクホークス 取締役会長)
「帰るとき、行く時よりも美しく」

詳細
■宇津木妙子さん Vol.7 (2009年 春号)
(女子ソフトボール元日本代表監督)
「その子のいいところを引き出してあげたい」

詳細
■日野原重明さん Vol.6 (2008年 冬号)
(全国の小学校で「いのちの授業」を行っている医師)
「『いのち』を愛することが平和を育てていきます」

詳細
■リッカ・ヘレナ・パッカラさん Vol.5 (2008年 夏号)
(フィンランドの小学校教師)
「国のしっかりした予算組みで、ゆきとどいた教育環境を実現」

詳細
■見城美枝子さん Vol.4 (2007年 冬号)
(エッセイスト・ジャーナリスト)
「子育てはわが子を社会に送り出す大切なプロセスです」

詳細
■紺野美沙子さん Vol.3 (2007年 夏号)
(女優)
「子どもは、なるべく大勢の中で育てることが大切だと思います」

詳細
■三浦雄一郎さん Vol.2 (2006年 冬号)
(冒険家・プロスキーヤー)
「中学進学の失敗で引きこもりに浪人の1年間が、冒険家としての原点」

詳細
■鈴木宣之さん Vol.1 (2006年 夏号)
(イチローの父)
「みんなに育てられたイチロー 子どもが夢を描ける社会を!」

詳細
 
 
話を戻し、アグネスチャンの教育論だが、「先生の日」を創る事を推している。つまり国民の休日になるのであろう。先生に感謝し、先生を尊敬し、先生を崇める日の制定を私は認めない。
 
真面目な先生もいるが、先日の「セクハラサイコロ」「殴り棒」などを利用し、ストレスの発散や性の捌け口にしている様な大馬鹿者もいる。日教組教職員の様に、日本そのものを嫌いにさせる様な教育を行なう左翼教師もいる。さらに「先生の日」というが、いち公務員の職種の地位を高め、国民の休日にしたいという考え自体が、日教組の考えそうな事である。公職選挙法違反ばかりを行なう犯罪組織がある限り、政治も教育も良くはならない。
 
さらにアグネスチャンの本心か解からないが、「モンスターペアレント」について言及している。確かに馬鹿な親はいる。家庭での躾をろくに行なわず、全て学校が悪いと因縁をつける親。それは親自体の教育がなっていない。学校は集団行動を行なう場所である。個人の躾、道徳教育は家庭で行なうべきである。道徳心の無い親にも第三者の教育が必要である。
 
最近の学校(日教組率が多いのか?)は、親からの質問、改善要求、実態調査を迫られると、「モンスターペアレント」扱いする始末。学校教育には親は関知するなという態度を見せる。そうやってあらゆる声を無視し続けた結果、式典での国旗掲揚も国歌斉唱も無くなり、個人主義者が育成されてしまい、イジメを見抜けず児童、生徒の自殺になる。
 
最近も女子児童が首を吊り自殺した。親からも実態調査を求められていた。がしかし、会見で校長は、イジメの事実は「知らなかった」~「無かった」とニュアンスを変化させ逃げ回る。本来校長なんて飾りである。実権を握っているのは教頭。生徒の事を一番知っているのは、担任である。担任から聞いた話を、あたかもその自殺した生徒の事を知っていたかのような会見をする校長は多い。事件が起きたその会見の席には生徒の担任が同席するべきである。
 
アグネスチャンが「先生の日」を創りたければ支那で行なえ!全てを「モンスターペアレント」と決め付ける学校にはやはり「可視化」が必要である。
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/816-3ae26228

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。