スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約1年ぶりの酒の席

一昨日、あるお方との初めての酒の席。
 
価値のあるお話と価値ある思想。
 
解かりやすい説明に脳が活性化した私。
 
ひとつだけ考えが違えども、その理由に納得の一言。
 
世界を見てきたその目が現在見据えるその場所は、
 
日本そのものである。
 
戦後日本人が無意識に持ち続けてきた民族意識の希薄さを
 
この方は警鐘を鳴らし提言する。
 
 
 
 
私は想った。
 
右も左も思想を語る前に目指す国家の形を創造するべきである。
 
そして目指す国家を作り上げる為に、何を求め何を行うべきか?
 
右も左も思想を突き通すと矛盾が生まれ「民主主義の崩壊」が訪れる。
 
そして北朝鮮の様な「社会独裁国家」が出来上がる危険がある。
 
 
 
 
矛盾をタブー化する事で、日本は経済発展を遂げてきた。
 
国益至上主義である。
 
経済発展と引き換えに大事なモノを失い、消えかけようとしている。
 
真のナショナリズムである。
 
 
 
 
 
大東亜戦争を戦われた先人たちのお気持ちを本当に考えるならば、
 
裕福な日本の現代社会は大罪である。
 
今なお小規模に遺骨収集を続ける政府には解からないだろう。
 
何を心に抱き戦地に旅立って行ったか、
 
そして現代に残る何を先人たちは守れたのか、
 
先人たちが守ろうとしたものは今の日本に無い。
 
大東亜戦争だけではない。戦争には犯罪者はいないのである。
 
しかし、東京裁判において犯罪者とされた日本国。
 
それを完全に歴史の恥部として受け入れてしまった日本国。
 
靖国に眠るのは戦犯ではない。日本国の英霊である。
 
未だにABCで区分された戦犯という言葉を使用している人間を
 
無意識に受け入れている日本人が沢山いる。私もそうであった。
 
米国に洗脳され、メディアに操られ、従属している証拠である。
 
自国の歴史を知らない人は未来の自国を護れない。
 
大東亜戦争の真実を知り、戦争の責任を取っていただく。
 
米国よ、謝罪せよ。
 
反米、脱米、対米を考えていかねば真のナショナリズムは覚醒しない。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/811-54682dc9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。