スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島 支那漁船衝突映像 流出動画①~⑥

 
 
 
 
 
 
 
オリジナルの動画のアップロードした人のHNは【sengoku38】という人らしい。仙谷官房長官の名前を付けたのであろう。
 
しかし、私の読みでは『仙谷』の命令で秘書、又は民主党議員がYoutubeにアップしたものだと思われる。回線はもちろん官邸のは使わず、ホテルか、個人名義の無線RANからアクセス。機密費でパソコン買ったかも知れませんね、それだけの為に。
ツイッターなどでは偽鳩山、偽小沢が登場した事がある位だから、仙谷の名前を使った方が怪しまれない。メディアはこの流出ビデオの犯人を探すと言っていたが、菅総理のコメントは「必要であれば流出させた人間を捜索する」と控えめなニュアンスである。
 
菅政権は野党の抗議を交わすべく、国会にビデオを持ち込み、6分程の映像を30人ほどの国会議員が視聴した。しかし、世論の抗議は収まらない。そこで全国放送にて6分間のビデオを流せば、民主党細野議員が支那まで行き、フジタ社員3人を釈放要求する際の「条件」を破る事になると考えたのではないか?その条件とはおそらく「ビデオの公開禁止」である。菅政権は支那の反発を恐れているのであろう。
 
しかし、日本国民の抗議を交わすためには、ビデオを公開ではなく、流出と言う形をとり、見せても構わないところをアップロードした。支那の反発はあるだろうが、菅政権は犯人探しをする形だけを見せる。支那が毒餃子問題の際に使ったあの手である
 
APECの警備がなされている中、公安警察外事3課からの情報漏えいが発覚した。その件は現在調査が行なわれているが、その情報漏えいに比べたら衝突ビデオ流出の犯人探しは、それほど大切な事ではない。支那の反発をよそに、国際社会からの支那批判を待ち続ける手法をとるのではないか。どうしても犯人を挙げなければならない場合、議員秘書が身代わりとなるであろう。
 
私は強い政府が日本国を引っ張っていって欲しいと願う。私の予想が当たっていれば、菅政権は媚中の姿勢で居たいに違いない。そんな政権は私の欲する政権ではない。全てのビデオを公開し、国際社会に広く訴える。APECの場で米国の手を借りず、支那に対して抗議を行ない謝罪を求め、賠償金の請求と、支那人船長始めとする乗組員の身柄引き渡しを求め、日本国の法で裁きを下す。
 
尖閣諸島を我が国の領土であると強く訴えると共に、自衛隊に自衛の為の武器使用を認めて、尖閣諸島に配備。それが日本国の本来あるべき国防の姿である。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/809-0093edee

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。