スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APEC 日露首脳会談が行なわれた。

大統領国後訪問に「国民感情から受け入れられない」と首相抗議 日露首脳会談

産経新聞11月13日(土)20時18分
 菅直人首相は13日、横浜市内でロシアのメドベージェフ大統領と会談し、今月はじめの同大統領の北方領土・国後(くなしり)島訪問について「わが国の立場、日本国民の感情から受け入れられない」と抗議した。
 そのうえで「北方領土問題を解決し、最終的に平和条約を締結したい。今後も議論をし、解決を含め協力関係を発展させたい」と強調した。
 大統領は抗議に対して、「領土問題はロシアにとっても極めてセンシティブな問題」と語った。
 大統領が「来年のしかるべきタイミングで、ロシアにご招待したい」と述べたのに対し、首相は「検討したい」と述べるにとどまった。
Copyright 2010 SANKEI DIGITAL INC.

 
菅よ・・・立場とか、感情とかそんなもので「我が国固有の領土」が戻ってくるわけ無いだろ?【日ソ中立条約】を一方的に破棄した国際条約違反が発端である事を言え!
 
8月18日に武力によって侵略し、北方領土全域に砲撃を加え、日本国民を殺して周った。捕虜とされた日本軍守備隊はシベリアへ送られ、強制労働をする事になる。戦後65年間の間に、何隻の漁船が拿捕された事か?何人もの漁師が殺された事か?そして北方領土の資源を奪われている。
 
菅は見当違いではあるが一応抗議し、ロシア側は「来年しかるべきタイミングで招待したい」と語っている。ロシア側もAPECという場での明言を避けた形であるが、多少の譲歩が見られる。
 
それに対して菅よ・・・「検討する」とは何事だ?
 
強気の部分を見せようと必死であるが、「検討」という返事を聞いたロシア側はどう思うか、考えろ!北方領土の返還の話し合いをしたくないのだろうか?と捉えられるのがオチである。
 
・・・まさか、総理の座が来年まで持たないと予知しているのか?だから検討なのか?また「逃げ菅」の復活か?菅が解散総選挙するのはもうすぐである。ただし、次の政権、次の総理大臣に北方領土問題を引き継ぐ為にも、「必ずや招待させて貰う!招待が無かったら国際裁判の場で会いましょう」位の強気発言をしなければ、北方領土は戻ってこない。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/804-17523599

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。