スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓 硫黄島に遺骨収集を視察に行った菅総理大臣並びに、自民党政権以上に海外の遺骨収集に積極的な仙谷官房長官

首相、硫黄島を訪問 遺骨収集作業を視察

2010.12.14 13:13
 菅直人首相は14日、太平洋戦争の激戦地となった硫黄島(東京都小笠原村)を訪問した。政府の特命チームが進める日本兵の遺骨収集作業を視察する目的で、戦没者追悼式にも出席する。島では約2万2千人の日本兵が戦死したが、約1万3千柱が収容されずに残っているとされている。
 現職首相の硫黄島訪問は、平成17年6月の小泉純一郎氏以来で、菅首相は民主党代表代行を務めていた18年9月に訪れたことがある。民主、自民両党などの国会議員も同行した。


硫黄島以外の遺骨収集も検討 仙谷官房長官

2010.7.20 20:59
 仙谷由人官房長官は20日午後の記者会見で、硫黄島東京都小笠原村)で戦死した日本兵の遺骨収集に取り組む特命チームの活動対象として、フィリピンやインドネシアなど、硫黄島以外の地域も含める方向で検討する考えを示した。
 仙谷氏は「全体的にどういう問題が残っており、どうすれば解決できるのか検討せよ、というのが菅直人首相の考えだ」と説明。遺骨に関する情報の集約体制や、民間による活動支援の強化も必要と指摘した。
 厚生労働省によると平成21年度末で、海外戦没者約240万人のうち、約114万柱の遺骨が現地に残されたままになっている。
 首相は15日、硫黄島での遺骨収集について、阿久津幸彦首相補佐官をトップに、内閣官房と厚労、防衛両省の審議官クラスをメンバーとする特命チームの設置を指示している。


野党時代から菅総理は「遺骨収集は国家の責務だ」
言っておられたそうですが
硫黄島に再び降り立ち、その気持ちに
変わりはありませんか?
 
戦後65年間、日本は大東亜戦争を振り返る事無く
国益主義を貫き
経済も国防も文化も伝統も
古き良き時代から新時代への転換を
米国に頼っている様な そして牛耳られている様な
現状にどうお思いでしょうか?
 
『日米安保反対』を掲げて戦った貴方なら
少しは解かるはず
日本人は国益を追い求め何を失ったかを
野党時代の気持ちをもう一度思い出して頂きたい
自民党と戦われてきた貴方なら
少しは解かるはず
 
そして一国の総理として硫黄島に降り立った今
日本兵の息遣いを感じ
日本兵の悲しみを感じ
日本兵の祖国に対する忠誠心を感じたはずです
 
そして遺骨に貴方は手を合わせた
ただ・・・
貴方はしてはならない事をしてしまった様です
靖国神社に参拝する事を
完全拒否した貴方たち民主党議員そして閣僚
そしてそのトップである菅総理!
貴方は遺骨収集をひとつのパフォーマンスとして
日本兵の遺骨を砂の中から拾い上げましたね?
その光景をニュースで見ましたが
私は貴方を許しません!
 
日本を命がけで護るため戦われた英霊の亡骸を
逃げ腰で日本の領土領海をも護れない左翼が触るという事は
硫黄島で命を散らした英霊に対する侮辱以外の何ものでもない!
 
話は変わって
仙谷官房長官、貴方は菅総理の意向を
メディアに発信しましたね?
フィリピンやインドネシアなどで亡くなられた日本兵の遺骨収集の
活動対象を広げると!
自民党が諦めた事を貴方がたが
これから行う事に期待しておりますよ
 
知ってますか?
昭和19年11月フィリピンマニラ沖で
米国の潜水艦が日本の貨物船数隻を沈没させた事実を
おそらくその中の一隻が私の祖父の貨物船です
相当大きな貨物船だと聞いております
 
軍属かは解かりませんが
コックさんも乗船していたようです
兵隊さんも貨物船に乗っていたようですが
武器は軽装のようでした
船長であった祖父は
武器を持たず米軍兵士を殺すことなく
米軍潜水艦の体当たり攻撃により
亡くなりました
 
是非とも海底奥深く眠る貨物船を引き上げて下さい
今年100歳になった祖母が遺骨を待っております
あと数年は猶予があるので間に合います
資金は出せないので
鳩山由紀夫の財産から出して頂きたい
 
『え?』
 
人のお金を当てにするなって?
【日本は日本人のものだけじゃない】
と言いのけた鳩山由紀夫ですから
【鳩山の財産は鳩山だけのものではない】
と私が言ってやりますから平気です!
 
問責決議案を突き付けられている貴方は
いつクビになってもおかしくない
それと同時に
菅総理が任命責任を追求され辞任する事もあるでしょう
いつまで続くか解からない そんな中での遺骨収集であると
認識して下さい
 
現在菅政権は
支持率アップのパフォーマンスしているのかもしれない
しかし菅総理が野党時代に言ったあの言葉
「遺骨収集は国家の責務である」
その言葉は
嘘偽り無い気持ちであると宣言してくださいよ
 
その後で
解散総選挙となろうとも
改造内閣となろうとも
再び政権交代になろうとも
次の政権に申し送りをして欲しい
 
この遺骨収集を国家事業とする事
この遺骨収集が終わるまでは大東亜戦争は続いているという認識
大東亜戦争における日本の歴史認識を統一する事
この遺骨収集と同時に「靖国と厚労省」の共通した名簿の作成
遺族年金を受給している高齢者と作成した名簿の再調査
これらは全て
今すぐに行なわなければならない大事な項目です
 
菅総理 仙谷官房長官へ
 
左翼と言われたくないのなら
売国奴と言われたくないのなら
自民党以上に支持率を回復したいのであれば
これらの事を即日行なうべきである
 
今、貴方がたに足りないものは
批判に逆らった実行力と愛国心である!
中途半端な考えで
英霊を政争の具にするのではない!
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/777-d3d39835

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。