スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略無き普天間基地移設問題

政権交代後、民主党政権は『脱米親中』を言動、行動で示し、国内外から袋叩きにあった。その傷は癒える事無く、今現在も引きずっている。この時から何の戦略も感じられず、日米同盟よりも支那依存を露にしてきた結果が、日米合意案(辺野古)元サヤに戻る結果となる。
 
沖縄県民は「県外国外移設」を唱えた鳩山を信じた事が浅はかであった。政治家の言葉遊びをそのまま信じたからこのザマである。さらに沖縄擁護に徹した社民党は罷免される事となり、辻本清美は愛想を尽かし離党。沖縄を巡る『言った言わない』『やるやらない』のやりとりを見ていると、民主党にも沖縄県知事にも沖縄県民にも米軍追放戦略と言うものがまるで感じられない。子どもが駄々をこねているだけである。
 
私は反米感情を持っているが、米国文化は受け入れる、というか受け入れざるを得ない。米国の軍事戦略、経済戦略、外交戦略、情報戦略・・・米国の戦略が嫌いなのである。臭いものにはフタをし、うまいものには手を出す。利益誘導の為に様々な戦略を企てている見え見えの姿が腹立たしいのである。日本に駐留する米軍を追い出す為には、やはり米軍に代わる戦力の確保が必要である。その戦力無しに米軍を追い出す事は出来ない。そこで『自衛隊解体 国軍創設』が叫ばれる。我が同志が掲げるスローガンが必要となるのである。
 
そういった考えを自民党は絶対に考えない。民主党は自衛隊を違憲と言う程マヌケだから無理だろう。現在の与野党にはその考えを持つ政党は存在しない。だから日米同盟の『強化』か、『崩壊』しか選択肢が無いのである。米国にカネを渡し続ける自民党にも、支那に依存しようとする民主党にも、日本の独自性が感じられない。さらに100年後の日本国は見えてない。そこには日本国という独立国家は無いのである。
 
沖縄県仲井間知事との話し合いで菅総理は、日米合意案に至る経緯と、沖縄に対する交付金の話をしに行ったのであろう。『黙らせるにはカネ』本当にそれでいいのだろうか?県にカネを渡し、米軍基地建設を全て地元の業者に任せる。地元業者はカネを儲ける為に、海に張り出した滑走路200m延長を打診してきている。沖縄県民は米軍の基地移転をカネ儲けの道具にしているだけであることが解かる。普天間基地も同様に、基地が出来た後で周辺に家や学校や病院が出来始めた。全ては騒音を我慢するから対価をくれと言っているようなものである。
 
そんな沖縄県民の支持を得る社民党どもは「ノーガード」が好きな様である。平和とは武力を持たない事であると信じている。憲法9条が日本を平和にしていると考えているようである。果たしてそうなのだろうか?そんな平和な日本に韓国もロシアも支那も銃口を向けている事に違和感を覚えないのだろうか?北朝鮮に限ってはミサイルが向けられている。拳銃を持つ侵略者に対し、「裸」で何をするというのか?福島瑞穂の裸は見たくないが、一度ボートに乗って北方領土、竹島、尖閣へ裸で島流ししてやりゃいいのだ。身をもって平和を体現せよ。無数の銃弾が飛んでくるに違いない。
 
そんな日本は米国に頼らない独立国家として生まれ変わらねばいけない。それは米軍追い出しの為だけではなく、日本国民の基礎を作る為である。その為には自衛隊に自衛の為の攻撃する権限を与え、ゆくゆくは日本軍の創設を目指す。そして領土領海を守る。米軍基地を自衛隊が引き継ぎ、連携しながら東アジアの安定を行う。安全な海が確保されれば漁業が復活し盛んになる。海底に眠る地下資源の確保も出来る。海外に遊びに行く日本人旅行者の数も増えるだろうし、安全な日本に来る旅行者が増える。そして高校の修学旅行では政府の全額援助による大東亜戦争の戦地を訪門。歴史を勉強しご先祖様の遺骨収集を行なう。帰国時には日本国を誇れる人間性が芽生えてくる。
 
話はずれたが、日本が米国に追従する事で得られる国益は一時的なものである。それらはいずれODAや思いやり予算で消えてなくなる。目先の国益を追い求めるのはやめて、100年後の日本国の姿を想像し国益でもある日本国民の意識改革を行なわねばならない。菅政権では無理である。沖縄県にカネでごまかそうと画策しているようでは、堂々巡りするだけって事が解らないのか?米国と支那の笑い声が聞こえてきそうだ・・・
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/776-408f2130

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。