スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の対応とは訳が違う

韓国も中国漁船暴行ビデオは非公開 外交関係に配慮か

2010.12.19 19:12
 韓国海洋警察当局は19日、同国中西部沖の黄海で前日に海洋警察の警備船に突っ込んで転覆、沈没した中国漁船について、警備船やヘリコプターを動員し行方不明の乗組員1人の捜索に全力を挙げるとともに、救助された乗組員から当時の詳しい状況を聴いている。
 海洋警察当局者は、漁船の乗組員が海洋警察官に暴行を加える場面などを写したビデオ映像があるとした上で、「捜査の都合上、当面は非公開にする方針」だと説明。最終的な取り扱いは捜査終了後に決めるとした。
 ただ過去に起きた同様の事例では映像が公開されることが多く、非公開措置は韓国政府が中国との外交関係に配慮した可能性もある。
 18日、海洋警察官4人が小型ボートで中国漁船に乗り移ろうとした際、乗組員に鉄パイプなどで殴られ腕の骨を折るなどしている。(共同)
 


実際に韓国は海洋警察官と漁船の乗組員の殴り合いの映像を流している。その後の漁船衝突は省いているが、沈没後の海は流している。
 

 もし最初から、尖閣諸島での支那漁船衝突報道で映像や画像が流れていたら、国民は「ビデオ全編公開せよ!」とデモをしていただろうか?果たして菅政権の初動に違和感を感じていただろうか?全ては仙谷が政府の見解を検察に押し付けた所から始まった。
 
韓国の支那漁船に対する拿捕は当然の処置である。今年だけで300隻を超える漁船を拿捕しており、それは重なり合う排他的経済水域での水産資源の横取りが問題である。しかしながら日本の尖閣での事件は領海内での水産資源の横取りと同時にスパイ活動、そして巡視船への衝突が問題である。既成事実を作り上げる為の工作員である事は明らかであるのに、支那人船長の「起訴保留~釈放」となった事が、大問題なのである。
 
韓国は海上警察官4人の重軽傷を受けながらも、支那人1人が亡くなり、1人が行方不明である事に重きを置き、支那と合同で行方不明者の捜索を行なうとしている。そして支那は韓国に抗議すらせず行方不明者に対する捜索を行なうと述べている。その裏では北朝鮮の砲撃が絡んでいる事は間違いなく、北朝鮮との仲介役でもある支那に敵視する事は避けたと見られる。韓国の海上警察官による人的被害は今回が初めてではない。以前には鈍器で殴られ韓国側に1人死亡者が出ている。今回は死亡者が出ないだけマシだったと考え、大人の対応をした韓国政府。
 
どう考えても、今回の韓国による支那漁船拿捕と尖閣諸島での支那漁船拿捕を比べてしまうが、韓国に比べ、日本政府の土下座具合がハンパじゃない!おでこが地べたにくっついているかの様な土下座ぶりである。これが左翼と言われる現政権の「十八番」であるならば、日本崩壊まで時間はかからないだろう
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/773-aed7166e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。