スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 論叫警鐘辻説法


 
今年もあとわずか。昼に降った雨さえもすぐにあがり私に味方。いい天候の中、街行く皆様へ訴えて参りました。
 
本日のお題として
 
左翼総理による硫黄島でのパフォーマンス
大阪市の生活保護受給者問題
日教組による反日思想教育
支那漁船追突による韓国と日本の対応の違い
 
 若い方々が多数聞いてくれている中、正面で熱心に話を聞いてくれていたうら若き女性・・・惚れてまうやろぉぉ(照)
 お子様連れのイケメンお父さん、お声をかけて頂きありがとうございます。皆様の声援がとても心強いです。
 そしておじさま、おばさま。気合の入った声援ありがとうございます。この季節です。お身体ご自愛くださいませ。
 
演説をしていて感じることがある。今の20代男女が日本の置かれている動向に興味を示している事を。そして高齢者の方が戦争に対する想いを後世に伝えたいと考えている事を。それぞれ興味を示す部分は違えども、今の日本の状況に危機を覚え、対応に少なからず不満を持っており、何らかの処置が必要であると感じているはずである。これが『民意』なのでしょう。小沢は【国民の生活が第一】とスローガンを掲げているが、政倫審を拒否した事は国民に対する裏切りである。裁判前に離党となるか、裁判で無罪となるかは解からないが、仮に権力を再び握ったとしても、小沢に期待する国民は少数派ではないか?そう感じる。メディアのアホ共が小沢擁護の報道をしなければの話だが。
 
そんな事を感じさせる本日の演説を御清聴頂きありがとうございます。
 

またお会いできて光栄です。差し入れまで下さりありがとうございます。
機会があればいつでもマイク握ってくださいね。
 
<補足>
演説中にメンチ切りながら(ガンを飛ばしながら)目の前を歩いていった40代半ばのおばさん!・・・恥ずかしいと思いませんか?ビデオにばっちり写っております。非公開ですが(笑)
110番するのは勝手ですが、こちらの音量はかなり絞っておりましたよ。不満でしたら「ネギ坊主」をお持ち下さい。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/771-3821febf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。