スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県御所市には・・・



 
2つの画像は道路を挟んで向かい合わせにある。深い意味はあるのか?
 
日本の農業がこの数十年で急激に縮減し、専業から兼業へと変わってきている。若者の農業に対する意識を変えていかねばならないが、何十年かかることだろう・・・TPPにより海外から安い米が入ってきても日本人の主食となることは無いだろう。ただ、外食産業ではメニューによって米を使い分け、日本のお米の消費量が減ると思う。米の自給率は現在100%を超えている。しかし野菜の自給率が低いままである。気候によっても取れ高が左右され、米以上に手がかかる葉っぱモノの野菜は時に牛肉より高い時がある。そうなると、日本国民は産地がどこであれ購入してしまう。TPPを条件付で考えるか、農業の拡大を考えなければ、日本の農業の崩壊、農業人口の激減は避けられない・・・
 
 
で、9条の会とJAは何か関係があるのだろうか?
「平和に米を作らせろ!」??
「我が跡継ぎを戦争に送るな!」??
「武力を放棄し農業器機を揃えろ!」??
 
この日本が本当に平和を望むのならば、憲法9条は守っちゃいけない!もし憲法9条を守るならば、日本の領土領海、国民の命、国民の財産を誰が守るのか?米国か??そんな事で『TPP反対』などできやしないだろ!
 
反日国家の侵略計画が現実に行なわれている現代において、海保では役不足。正義無き警察は外国人を守る。日本国民ひとりひとりが自己防衛する羽目になる事は目に見えている。反日国家により虐殺された日本人の亡骸を、法で雁字搦めの自衛隊が葬ってくれるのか?
 
こんな危機的現代を「タモリのグラサン越し」でしか見ることのできない平和主義者には「テポドンショッキング」を味あわせるのが丁度いい・・・(爆)            我ながら切れ味の悪い「しめ」の言葉である・・・(´・ω・`)y-・~~
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/751-65e2b334

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。