スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生の正論

女子小学生(4年生位)3人が歩きながら喋っている・・・
 
仕事中の私の真横を通り過ぎる時に・・・
 
こんな会話が聞こえてきた・・・
 
 
 
 
 
A子「お金持ちに生まれたかったわ~」
 
B子「あたしも~」
 
C子「あかんって~!仕事して頑張って働いて、お給料貰えるから嬉しいんやない?ハナからお金あったら・・・」
 
 
 
 
政治屋どもに聞かせてあげたい!小学生が述べる正論を!
 
最後まで聞きたかったが・・・歩く早さがハンパない!
 
「ハナからお金あったら・・・」の後は何と言っていたのだろうか?
 
 
 
 
世の中カネじゃない!と言いたい所だが、「カネ」です。
 
 
 
 
・・・ただ、私はカネで左右されない。他人から貰うカネも、借りるカネも、持っている事に違和感を感じる性格である。その性格で損をしている事も多々あると思う。演説中の善意のお金も違和感を感じるのです。だからカンパは貰ってない。
その性格はおそらく、私の亡き父の背中を見て育った為でしょう。もっと語り合いたかった。今だからそう思う。親孝行らしい事はしてないまま亡くなってしまったが、親父の背中は沢山の事を教えてくれた。その生き様は平凡ながらも強かった。
 
上記の女子小学生C子ちゃんの両親は、家庭内での道徳教育がしっかりできていると感じた。
 
嬉しさを感じるカネとは、職に就き自分の力で生み出した努力のカネである。決して政治屋や偽善者や偽善団体どもが集めたカネではない。国民の3大義務(教育、勤労、納税)を果たさないアホ共に自由と権利を与えるな!
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/741-302f2f08

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。