スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親小沢議員が血判状を提出

 
こいつら国会議員の資格無し!
 
小沢一郎自ら作った「政倫審」に出席を匂わしながら、政局の打開を目指していた小沢と小沢グループの議員。昨日1月20日AMに小沢が出した結論は「政倫審拒否」である。菅総理始め、岡田幹事長は政倫審拒否の一報を受け、虚偽発言に対し法的罰則もある『証人喚問』を突きつける可能性を示唆した。
 
小沢グループ120人(2011年の新年会出席者数)は、小沢一郎に対し忠誠を誓った形になった訳だが、さらにその中で12人が血判状を作成し、証人喚問出席を求めようと考える岡田幹事長へ渡した。血判状に名前を連ねた議員は以下の12人である。
 
【衆院予算委の小沢グループ血判状連名者】
岡島一正 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_141=1
豊田潤多郎 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_4086=1
黒田雄 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_2118=1
福田昭夫 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_212=1
金子健一 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_2119=1
水野智彦 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_4053=1
川島智太郎 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_4064=1
三宅雪子 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_4029=1
橘秀徳 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_2109=1
玉城デニー http://www.dpj.or.jp/member/?detail_287=1
津島恭一 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_3904=1
川内博史 http://www.dpj.or.jp/member/?detail_75=1
 
 
小沢一郎という国会議員は、西松建設不正献金疑惑の首謀者である可能性は大きい、というかクロだろ!証拠隠滅がうまくいっただけの話。裁判的には無罪の可能性があろうとも、石川元秘書、大久保元会計責任者の犯した罪の責任を辞任、辞職という形で取るのが普通であり、今の小沢一郎は、民意に反して権力を誇示しているだけの税金泥棒である。
親小沢議員はその税金泥棒からお小遣いを貰って、小沢擁護を続けている共犯者である。ましてや血判状提出で小沢一郎に忠誠を誓えば誓う程、国民はドン引きしている事に気づかないのであろうか?
 
国民の大多数はそんなパフォーマンスを望んではいない。小沢にケジメをつけて貰う!それだけである。親小沢であるならば、小沢一郎の潔白を国会の場で説明してもらうように働きかければいいだろうが。小沢の問題を約2年に渡り蔑ろにしてきた小沢一郎と、小沢グループの罪は重い。
 
解散総選挙にて、小沢グループ壊滅を望む・・・
 
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/740-6f8bf11f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。