スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虐待事件は地域の監視で撲滅させるべき!

虐待の極み、2幼児置き去り死
 「『虐待の極み』としか言いようがない」。凶悪犯罪に慣れた刑事でさえ、言葉を詰まらせた。
 若者に人気の大阪市西区南堀江のマンションで22年7月、やせ細り寄り添うように死んでいる3歳と1歳の姉弟2人が見つかった。
 殺人と死体遺棄容疑で逮捕されたのは、母親の風俗店従業員、下村早苗被告(23)。男友達と夜通し遊ぶ間、姉弟が部屋から出られないようにドアを細工して閉じこめ、飢えや暑さで衰弱死させたという。
 6畳のワンルームは生活ごみであふれ、空っぽの冷蔵庫やインターホン付近の壁には、姉弟が食べ物や母親を探して手で触ったような跡が残っていた。
大きな瞳と豊かな髪で愛想をふりまき、異性にもてたという下村被告。浮気が原因で離婚し、子供2人を連れて22年初めに大阪へ来たころから育児放棄(ネグレクト)が始まった。
 「男友達と遊ぶのが楽しく、家に帰って子供の世話をしようと思わなかった」。部屋には炊飯器ひとつなく、子育て中の母親の雰囲気は全くなかった。中学時代の下村被告を知る人は「実家もごみ屋敷。父親は娘にお金だけ与えてほったらかしにしていた」と証言。専門家は“虐待の連鎖”を指摘した。
 「取り返しのつかないことをした。子供は私を恨んでいると思う」と述べたという下村被告だが、事件を伝える新聞を読み、「私こんなに悪いことしてないもん」とむくれたという。
 


下村早苗被告 問題のブログ http://ameblo.jp/sakurakomaman/
 
 下村早苗被告 ミクシー http://mixi.jp/show_friend.pl?id=25553404&from=navi
 
 
 
去年、この傷ましい事件が日本中を駆け巡った。想像するだけで涙が止まらない。隣近所の「もしかして・・・」が今必要なのである。
 
 
警察は事件にならないと動かない。
 
児童相談所は通報が無ければ動けない。
 
国民は隣近所との付き合いが無いから知らん振り。
 
 
この様な現状を打破すべく、不動産屋、家主、管理人、住人が常に子どもの存在を気にしていなければいけない。怒鳴り声、大きな物音、子どもの泣き声に敏感になり、家のインターホンを押す事が虐待を防ぐ一歩となる。
 
 
残虐な馬鹿親による虐待事件を風化させる事の無い様に、2011年から事件を記録していこうと思います。
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/739-c37a3924

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。