スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪維新の会の所属議員を調査せよ!


 
大阪府知事橋下徹は保守なのか?
 
 
私の考えでは「?」である。手のひらをすぐひっくり返すしたたかさがあるのは確かである。保守にも転び、左にも転ぶ。使えるものは何でも使うと言うのが橋下府知事の戦略なのでしょう。
 
大阪都構想をもって今度の大阪統一地方選を戦おうとしているが、大阪都にする為にどれだけメリットがあるのか?デメリットはどれだけあるのかが見えてこない。大阪府民は橋下府知事の『大阪革命』に振り回される事だろう。画像のタイトルでは改革になっているが、私から見たら「革命」である。革命を行い、歴史に名前を残したい独りよがりに感じる。
 
 
大阪市の平日国旗掲揚率(2010年4月~)100%(未確認だろう)
 
 
堺市の平日国旗掲揚は2011年4月から堺市の幼小中高で行なわれる予定である。屋外用の国旗と屋外ポールの整備を行なっている。国旗掲揚は誰がやるのか?と議論されているようだが、教頭、教師がやればいい話である。教師以外の第三者に委託するカネがあるのなら、子ども達の給食費に充てるべきである。
 
「大阪の教育を正す府民の会」が大阪府議会の自民、大阪維新の議員にアンケートを行なった。府議会の自民全員(24人)と大阪維新(6人)が「毎日掲揚されるべき」と回答したが、アンケートに答えなかった大阪維新の会(23人)が何故返答しなかったのか?賛成なのか反対なのか?さえも解からない実態がここにある。大阪維新の会といういかにも無党派層を狙った第3党には、思想的に保守ではない人間が混ざりこんでいる事に危機感を持たねばならない。橋下府知事自身、保守なのかさえも解からない。
 
先の衆院選で橋下府知事は首長として【民主党】を応援していた事を考えると、国旗掲揚に否定的?であり、国家観の欠如や日本人としての誇りの欠如が垣間見える。自身の掲げる「大阪革命」に必死になるのは構わないが、その為に国旗掲揚アンケートに賛否も示さない府議会議員とともに統一地方選を戦う事に私は大きな違和感を感じざるを得ない。
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/720-c8d5f65e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。