スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島の日式典に出席しない閣僚他6名

海保、韓国船長を逮捕 検査忌避容疑で 竹島近海

2011.1.13 22:30
 海上保安庁は13日、島根県・隠岐諸島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で停船命令を出したが従わずに逃走したとして、韓国籍のカニかご漁船「33サンヨン」(29トン)の船長、イ・チェボク容疑者(39)を、漁業法違反(立ち入り検査忌避)容疑で現行犯逮捕したと発表した。
 境海上保安部(鳥取県境港市)によると、13日未明、水産庁の漁業取締船が隠岐諸島(島根県)の北東約72キロの日本のEEZ内を航行中、低速で航行する33サンヨンを発見。停船命令を発したが無視して逃走したため、第8管区海上保安本部所属の巡視船「だいせん」(3100トン)と同「あさま」(220トン)が追跡を開始した。
 33サンヨンは約11時間後に隠岐諸島の北西約100キロの海上で停止。海上保安官が漁船に乗り移り、イ容疑者を現行犯逮捕した。
 逮捕場所は竹島の接続水域(領海の外側約22キロ)内。現場海域には韓国の海洋警察庁の警備船があらわれ、漁船を引き渡すよう主張したという。
 海保関係者によれば、イ容疑者は担保金を支払えば、釈放される。
 

 


今年に入ってこの様な領海侵犯&違法操業があったとは知らなかった。完全に日本の領海であり、韓国人船長は犯罪者である。海上保安庁の巡視船の停船命令を無視して逃げる自体、海保に発砲されてもおかしくない事案である。しかし日本の対応がこんなんだから、韓国の警備艇が現われ犯罪者の即時釈放を要求してくる始末。
 
もうすぐ「竹島の日」を迎え、韓国に対する抗議の声が響き渡るであろう。島根県が竹島を守るだけではなく、日本政府が断固たる抗議の声をあげ、韓国による武力支配の放棄とヘリポート他監視施設の撤去を求め、いち早く竹島を明け渡すように動いていかねばならない。
 
…がしかし、2月22日の「竹島の日」に島根県で行なわれる式典に関し、こんなニュースが飛び込んだ。
 


「竹島の日」式典 県招待の外相ら菅政権閣僚ら招待者6人全員が欠席へ

2011.2.18 17:11
 政府は18日の閣議で、島根県が「竹島の日」の22日に開く記念式典に前原誠司外相、高木義明文部科学相、鹿野道彦農水相、佐藤正典水産庁長官、外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長、文科省の山中伸一初等中等教育局長の6人が招待されたが、6人全員が「日程上の都合」で欠席することを明らかにした。浅野貴博衆院議員(新党大地)の質問主意書に答えた。同式典には民主党国民運動委員長の渡辺周衆院議員が出席する。


北方領土の返還をロシアに求めて力尽きたか?前原!?
 
鳥インフルエンザやシーシェパード捕鯨妨害に忙しいのか?鹿野!?
 
教育委と学校側が抱える「イジメ自殺裁判」が忙しいのか?高木!?
 
その他、佐藤水産庁長官、杉山アジア太平洋州局長、文科省山中初等中等教育局長の3人は暇だろ!!
 
 
日本固有の領土である「竹島」、「北方領土」は他国の武力による実効支配が続いているのだ。それにより日本の漁船が拿捕され、死亡者を出す事件になっている。特に竹島付近では漁船328隻、長期間抑留された国民は3929人もいるのだ。現在進行形で拿捕され続ける日本国の漁船に対し、安全な海を取り戻す為に必要な式典が「竹島の日」に行なわれる。それに出席をしない閣僚と官僚がいるようでは、民主党政権にも今後の政権にも期待するほうが間違いなのかもしれない。
 
さらにこんな記事があった。


日本人の竹島観光者数、公式統計では05年から47人

2010.11.18 21:42
韓国が竹島に設置しているヘリポート(韓国海洋警察庁ホームページから)
 韓国の慶尚北道鬱陵郡の独島管理事務所は18日、日韓両国が領有権を主張し韓国が実効支配している竹島(韓国名・独島)に、公式統計では2005年以降、韓国側から観光目的で47人の日本人が訪問したことを明らかにした。
 しかし、竹島観光を扱っている韓国の旅行社約20社によると、実際は年間約100人の日本人が渡航しているとみられる。同事務所を管轄する鬱陵郡当局者も共同通信の取材に対し、この数字を確認した。独島管理事務所職員は「実際に独島を訪れる日本人の数は公式統計より多い可能性がある」と話している。(共同)


竹島に日本人観光客が行っている。これにより韓国政府は「日本人が認めた韓国の領土 独島」と広報キャンペーンをしそうな実態がある。
この観光を逆手にとって、観光客に扮し武装した精鋭100人ほどが、竹島の奪還を成し遂げられるかもしれない。韓国側はせいぜい50人ほどでしょう。一発逆転奪還劇は夢ではない!
・・・まぁ、今の日本政府では奪還したところで、精鋭たちを英雄に称えることも無く、精鋭を守ってくれるわけが無い。逆に犯罪者扱いされかねない。さらに言うならば奪還しても再び韓国側に引渡しかねない。
 
前原外務大臣が竹島も北方領土も戦略的に奪還する筋道があるのであれば、意思表示とも取れる竹島の日の式典には参加すべきである!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/701-30ffbf5c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。