スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下府知事は小沢一郎や小沢グループとの連携は無いと断言せよ!


↑↓小沢と橋下の演説パフォーマンス(足元に注目)

 
 
 
「一線を画さないと」橋下氏、河村氏応援見送り

大阪府の橋下徹知事は25日、地域政党「減税日本」(代表=河村たかし・名古屋市長)が40人以上の候補者を擁立する出直し名古屋市議選(3月13日投開票)について、「河村市長が既成政党と組むなら、距離感を慎重に測らないといけない」と述べ、現状での選挙応援は困難との考えを示した。
 府庁で報道各社の質問に答えた。
 地域政党「大阪維新の会」を率いる橋下知事は、今月6日の名古屋市長選で河村市長を全面支援。しかし、河村市長は当選後、小沢一郎・民主党元代表と会談しており、橋下知事は「僕が同じことをやったら、大阪の有権者は絶対にそっぽを向く。統一地方選までは、国政とは一線を画さないととんでもないことになる」と話した。3月15日まで府議会開会中のため、スケジュール的にも名古屋市議選の応援は厳しいという。
2011年2月25日11時57分  読売新聞)
 

橋下府知事はごく普通の考えを持っているようで安心した。
 
 
・・・と思ったら大間違い!「統一地方選までは国政と一線を画さないと」と言っているのがクセモノである。選挙後には国政と連携するのか?小沢の影が見え隠れしている「日本維新の会」「日本維新連合」との絡みを否定していないのが、橋下府知事(大阪維新の会)の常套手段である。
 
名古屋市長河村たかしは、トリプル選挙で勝利後に小沢一郎との連携をアピールしている。名古屋市民への裏切り行為甚だしい!橋下府知事はこの事を例に挙げていながらも、統一地方選後の事は語っていない。あくまでも統一地方選挙前の絡みをしたくないだけ。
 
 
小沢も橋下も「信念理念」よりも、「政局」重視の権力主義者である。
 
 
現在、橋下府知事と河村たかしの連携は一旦停止。さらに原口一博との連携も慎重になっている。小沢一郎との関わりを消した上で選挙を行ない、後に連携をしかねない。政局が有利になるまで大人しくしておく戦略なのでしょう。その行動こそ、大阪府民を裏切っている事に気付いていないようだ。
 
裏切りといえば、自民党に所属する大阪府議、大阪市議の造反である。自民党から大阪維新の会へ鞍替えしたのはなぜか?大阪都構想に賛同した議員だけじゃない事を府民は知らねばならない。自民党が嫌で民主党を選んだ府民。その民主党がダメだから府民の票は「大阪維新の会」へ流れるだろうと先読みしたのが原因である。そんな考えの府議市議が多すぎる。現在の大阪維新の会は現議員と候補者を合わせて80名以上にまで増えた。形は違うが、自民党や民主党となんら変わりのない自己保身で精一杯の守銭奴が多いのだ。
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/693-86458e83

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。