スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月13日~14日の動き

北陸道をひた走り、新潟県村上市で降りる。下道で山形に行き、食料を買い込む。しかし売り切れが目立ち、ガソリンスタンドも給油制限がある。山形の被害は皆無。その後高速に乗り仙台入り。時間にして18時間ほどで到着。

仙台市内は主要な交差点だけ電気がつき、地域によりライフラインの復旧はバラバラである。我が実家は平野部にあるが、被害は多い。そこでは水だけ出る。部屋の中は散乱しており、壁の砂?がボロボロ落ちる。外観では分からない柱の損傷も一ヶ所ある。瓦は数枚落ちている。

身内は学校に避難。食料は朝と晩の2食。おにぎりやバナナしか貰えない状態。避難所には多数の人が押し寄せる。周りの店は全て閉まり、カネがあっても買い物もできない。私は買いだめした食料を家に置き、しばし車で走り回ったあと、車内泊する事となる。


翌日14日、親戚の安否を確認しに走り回った。仙台空港近くの避難所に行き、親戚を探すが、見つからず。家に戻ってると思い、立ち寄ると発見!100歳のばぁちゃんは無事でした。当面の食料を置き、他の親戚を探す。とにかく走り回り、一人を除いた親戚の無事を確認。


さらなる食料と車の燃料を求め山形へ戻るが、昨日とはうって変わり、燃料が手に入らない。ほとんどのガソリンスタンドは閉まっている。国道を南下し一ヶ所見つけるが、2キロの渋滞。それでもめげずに並ぶが、15台先で終了。なくなく他をあたる。がしかし、どこまで南下してもガソリンスタンドは閉まっている。燃料が尽きる前に、とあるショッピングセンターで車内泊を余儀なくされる。

明日の朝にガソリンスタンドが開いてるとは限らないし、開いてるとしても給油制限がある。何度も並び満タンにしなければ、仙台には帰れない。どうした事か(ToT)
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/670-5410eecb

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。