スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城県平野部の被害状況①














 
外観は瓦の被害が目立ちますが、室内は壁の崩壊、柱に甚大な被害があると思われます。
 
撮影日以降、雨や大雪に見舞われ、雨漏りをする家屋が多数あったと思われます。沿岸部は知っての通り大変な状況ですが、平野部も深刻なのです。
 
この時点で、仙台市内の電気と水道の復旧は7割ほど。ガスは復旧まで3ヶ月先との報道。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/658-a4e4f443

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。