スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19回 論叫警鐘辻説法 (3月25日)

 

 

 
昨日に引き続き、再び街角へ。やはり伝えねばならない。被災地の現状、政府の体たらく、役所の対応、何が必要か、何を求めているか、街を歩く方々が何をすべきか。。。
 
お題は
 
東北関東大震災
 
震災が起きてからというもの、大阪自民府議の「よかった」発言があり、民主党関連では、海江田万里の消防隊への強制恫喝、仙谷の復活、馬淵の復活、辻本の復活、蓮舫のパフォーマンス、姫井の笑顔ブログ更新、菊田のエステ、買い物三昧・・・
 
 
 
そして極めつけは橋下徹の朝鮮学校補助金決定!4つの条件をクリアしていないうちに、補助金を決めた裏には、大阪自民府議の発言や、北朝鮮本国からの「在日同胞への援助金4100万」があったからであろう。東北関東大震災の火事場泥棒とも取れる橋下徹の血税泥棒を許してはいけない。その裏には、統一地方選へ向けた韓国朝鮮の帰化人の票が欲しいのであろう。議論もせず、震災で苦しむ被災地での国民を横目に、どこにカネを使っているんだ!
 
 
大阪維新の会始めとする、地域政党が統一地方選を圧勝するであろう。民主党にNOを突きつけた国民は、地域政党の名称に騙され、結果的に小沢一郎への一票を投じる事となる。目を醒ませ!日本国民よ!再び先の衆院選での過ちを繰り返し、カネに汚い独裁者を選んでしまい、そして地域政党を通じて地域独裁知事を許してしまう事になる。本当に危険である。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/654-f4b08900

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。