スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歳児長男ゴミ袋に入れ窒息死

【身体的虐待】
場所:大阪市城東区
加害者: 母の田中有維(ゆい)(26) 同居の無職、杉山裕幸(20)
被害者:長男の雫(しずく)ちゃん(3)
被害状況:両手と両足を粘着テープで縛り、ポリ袋をかぶせて袋の口を縛り、息ができない状態にして殺害
逮捕日:2011年3月31日AM
 


 
 

<幼児虐待>3歳長男ごみ袋に入れ窒息死 母親ら逮捕 大阪

毎日新聞 3月31日(木)9時27分配信
¡ãÍĻùµÔÂԡ䣳ºÐĹÃˤ¡­¤ßÂޤËÆþ¤ìÃâ©»ࡡÊì¿ƤéÂáÊᡡÂçºå
雫ちゃんが殺害された自宅マンションのベランダには子供服が干されたままになっていた=大阪市城東区で2011年3月31日午前8時5分、西村剛撮影
 3歳の長男をごみ袋に入れて窒息死させたとして、大阪府警城東署は31日、母親のパート従業員、田中有維(ゆい)(26)と同居の無職、杉山裕幸(20)の両容疑者=大阪市城東区東中浜8=を、殺人の疑いで逮捕した。2人は「30日、いろんな物を箱に捨てるのをやめないのでごみ袋で全身を包んで密封した」と供述。殺意については「しつけのためで、殺すつもりはなかった」と否認しているという。城東署は日常的な虐待がなかったかどうかなど、詳しく調べている。

 逮捕容疑は30日夕、自宅マンション1室で、長男雫(しずく)ちゃんの両手と両足を粘着テープで縛ったうえ、ごみ捨て用のポリ袋をかぶせて袋の口を縛り、息ができない状態にして殺害した、としている。雫ちゃんが動かなくなり、田中容疑者が午後7時55分に119番通報したが、約1時間後、病院で死亡が確認された。

 城東署などによると、現場のマンションには田中容疑者と雫ちゃんが暮らしていたが、今年2月ごろから、杉山容疑者と同居を始めた。雫ちゃんはごみ袋に入れられたまま、リビングの隣の部屋に放置されていた。救急隊が到着した際は、リビングであおむけの状態で寝かされていた。体に目立った外傷はなかったが、両手と両足にうっ血の痕があった。

 両容疑者は「ごみ袋に入れたら自力で破って出てきたので、両手足を粘着テープで縛って、再び別のごみ袋に入れた。5分ぐらいで静かになり、約20分後に開けると、唇が紫色になって動かなかった」と説明しているという。

 一方、大阪市こども相談センターによると、雫ちゃんに関しての虐待情報などは寄せられていないという。

 現場は大阪市営地下鉄中央線の深江橋駅から北西約800メートルの住宅街。

保育所が体臭指摘も母「風邪で風呂に…」 健診も受けず
2011.4.1 14:45
 

 
同居する3歳の男児、田中雫ちゃんをポリ袋に入れて窒息死させたとして殺人容疑で送検された杉山裕幸容疑者(20)=1日午前、大阪市城東区の城東署(渡守麻衣撮影)
 大阪市城東区の田中雫(しずく)ちゃん(3)がポリ袋に入れられ窒息死した事件で、保育所が3月25日頃、雫ちゃんの体臭に気づき、母親の田中有維(ゆい)容疑者(26)に指摘していたことが1日、わかった。田中容疑者は「風邪で風呂に入れていない」と説明したが、雫ちゃんに風邪の症状はみられず、その前後に欠席したこともなかったため、保育所は不自然な印象を受けたという。
 府警は同日、田中容疑者と交際相手の杉山裕幸容疑者(20)を殺人容疑で地検へ送検。虐待の経緯を調べる。
 雫ちゃんが2月以降に予定されていた3歳児健診を受診していなかったことも城東区保健福祉センターへの取材で判明。同センターは田中容疑者の留守番電話や自宅に2~4月の別の健診日を知らせるメッセージや封書を数回残したが、最後まで連絡が取れなかったという。田中容疑者は「風邪をひいて受診させられなかった」と供述している。
 府警によると、田中容疑者は共犯で逮捕された杉山容疑者と昨年末に出会い系サイトで知り合い、今年2月から同居していた。このころから育児への関心が薄れた可能性もあるという。
 杉山容疑者は自らの経歴を「筑波大医学部の学生だったが、面白くなくてやめた」と説明。一方、筑波大は否定している。

「この子が死んでも泣かない」 鬼母、ネットに書き込みか
2011.4.1 10:28
 
 
同居する3歳の男児、田中雫ちゃんをポリ袋に入れて窒息死させたとして殺人容疑で送検された杉山裕幸容疑者(20)=1日午前、大阪市城東区の城東署(渡守麻衣撮影)
 大阪市城東区の田中雫(しずく)ちゃん(3)がポリ袋に入れられて窒息死した虐待事件で、殺人容疑で府警に逮捕された実母の田中有維(ゆい)容疑者(26)とみられる女性が昨年8月26日、インターネットの会員制交流サイトの日記に、「この子が死んでも泣かないかもしれない」と書き込んでいたことが31日、分かった。
 この女性は田中容疑者と同じ誕生日で「有維」と名乗り、雫ちゃんと同じ生年月日の男児の写真を複数枚掲載。
 昨年8月26日の日記で、山口県内で乳児を投げ落とし重傷を負わせたとして母親が逮捕された虐待事件を引き合いに、「赤ちゃんはこちらの都合無視で自分の欲求を泣くことだけで訴えてきます。手を上げた事はありませんが、『ベランダから落としたら死ぬよね。この子が死んでも泣かないかもしれない』くらいはしょっちゅう考えてました」と書き込んでいた。
 また府警への取材で、田中容疑者が雫ちゃんをポリ袋に入れた理由を、「大事なゲーム機をゴミ箱に捨てたりしたので、そういうことをしたら『雫も捨てるよ』と分からせるしつけのつもりでゴミ袋に入れた」と供述したことが判明。
 雫ちゃんがポリ袋から逃げ出したため、共犯として逮捕された交際相手の杉山裕幸容疑者(20)が「今度は俺がやる」と雫ちゃんをポリ袋へ入れ直したという。司法解剖で、雫ちゃんの死亡時刻は30日午後8時ごろと推定。ポリ袋をかぶせられ、短時間のうちに死亡したとみられる。


 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/643-338139a9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。