スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳長男に無理矢理パンを食べさせのどに詰まらせる

【身体的虐待】
場所:東京都町田市
加害者:母の名取理枝(28)
被害者:2歳の長男
被害状況:パンがのどに詰まり低酸素脳症により意識不明の重体(植物状態となる可能性)
虐待期間:2011年1月~(殴打?) 2011年4月7日(パン詰まらせ)
逮捕日:2011年4月12日?
 


東京・町田市で2歳長男に無理やりパン食べさせ、のどに詰まらせた疑い 28歳母親逮捕

フジテレビ系(FNN) 4月12日(火)13時2分配信
2歳の長男に無理やりパンを食べさせ、のどに詰まらせた疑いで、28歳の母親が逮捕された。
傷害の疑いで逮捕された名取理枝容疑者(28)は、4月7日、東京・町田市内の自宅で、2歳の長男に無理やりパンを食べさせ、のどに詰まらせた疑いが持たれている。
長男は、意識不明の重体で、のどからはパンの塊が5つ、見つかったという。
近所の人は「主人が見ていたんですけど、子どもさんの目のあたりに、あざがあった。あいさつに来られた時、(男の子にしては)お子さんの元気がないように感じました」と話した。
名取容疑者は調べに対し、容疑を否認しているという。
しかし、2011年1月には、神奈川・川崎市の自宅で、長男に暴行を加えた疑いも持たれていて、警視庁は、日常的に虐待が行われていた可能性があるとみて捜査している。


2歳男児、のどにパン詰め込まれ意識不明 母親を傷害容疑で逮捕

産経新聞 4月12日(火)14時5分配信
 長男(2)ののどにパンを詰め込み、意識不明の状態にさせたなどとして、警視庁捜査1課は傷害と暴行の疑いで、東京都町田市成瀬台の主婦、名取理枝容疑者(28)を逮捕した。長男の体にはあざがあり、同課は名取容疑者が日常的に虐待していた疑いがあるとみて調べている。

 同課によると、名取容疑者は容疑を否認し、「あざは転んでぶつけたんじゃないか。パンはおなかが減ったというので食べさせたが、トイレに行っている間にのどに詰まらせた」と供述。周囲に対し、「男の子が好きではなかった」と話していたという。

 逮捕容疑は1月中旬、川崎市麻生区の友人方のマンションで長男がはしゃいでいたことに腹を立て、顔を殴打したうえ、今月7日午後には自宅で、長男の口にパンを押し込んでのどを詰まらせ、低酸素脳症の傷害を負わせたとしている。男児は意識不明のままで、植物状態になる恐れがあるという。

 同課によると、名取容疑者はトラック運転手の夫(34)、長男、生後4カ月の長女の4人暮らし。名取容疑者は長男が意識不明になった後、自分で119番通報した。搬送先の病院で背中や顔に数カ所のあざが確認され、医師が町田署に通報した。


<虐待容疑>口にパン押し込み、2歳児意識不明 母親逮捕

毎日新聞 4月12日(火)13時14分配信
 長男(2)の口にパンを押し込んで意識不明にさせたとして、警視庁捜査1課は12日、東京都町田市成瀬台2、無職、名取理枝容疑者(28)を傷害と暴行容疑で逮捕したと発表した。「そんなことはしていない」と容疑を否認しているというが、長男の背中や顔など数カ所にはあざがあり、捜査1課は日常的な虐待があった可能性もあるとみている。

 逮捕容疑は4月7日夕方、自宅でパン切れ5~6枚をのどに詰まらせ低酸素脳症にさせたとしている。また1月中旬には、川崎市内の友人宅で長男の顔面を平手打ちしたとしている。長男は今も意識不明で入院している。

 名取容疑者は長男がぐったりした直後に119番し、駆けつけた救急隊員に「自分がトイレに行っている間にむせていた」と話していたという。搬送先の横浜市内の病院から虐待の疑いがあると警視庁に通報があった。

 捜査1課によると、名取容疑者はトラック運転手の夫(34)と生後4カ月の長女の4人暮らしで、事件当時は夫は不在だったという。「男の子は好きではなかったと聞いた」とする周囲の証言もあるという。【山本太一】


2歳長男の口にパン押し込み重体…母親逮捕

読売新聞 4月12日(火)13時0分配信
 2歳の長男の口にパンを押し込んで窒息させたなどとして、警視庁は12日、東京都町田市成瀬台、無職名取理枝容疑者(28)を傷害と暴行の疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕は今月9日。長男は病院に搬送されたが、意識不明の重体という。長男の顔や背中には複数のあざがあり、同庁は日常的な虐待がなかったか調べている。

 同庁幹部によると、名取容疑者は今月7日午後5時10分頃、町田市の自宅で、長男の口に食パンの切れ端を無理やり押し込み、呼吸困難な状態にしたほか、今年1月中旬、川崎市内の友人宅で長男の顔を平手で殴った疑い。名取容疑者は調べに対して容疑を否認し、「腹が減ったというのでパンを与えたら、自分で食べてむせた」などと供述しているという。
最終更新:4月12日(火)13時0分


虐待跡を携帯で撮って保存、2歳長男傷害容疑で母親再逮捕「注意を聞かず腹立った」

2011.4.28 19:24
 東京都町田市で、幼児ののどにパンを詰め込み、意識不明の状態にさせたとして母親が傷害容疑で逮捕された事件で、警視庁捜査1課は、長男をたたくなどの暴行も加えていたとして、別の傷害容疑で母親の名取理枝容疑者(28)を再逮捕した。同課によると、名取容疑者は「私の注意を聞かなかったため、腹が立ってたたいたことは間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、昨年10月下旬、当時住んでいた川崎市麻生区の自宅で、長男の流絃(るいと)ちゃん(2)が飼い犬をたたいたことに腹を立て、背中を素手で複数回たたき、全治約1カ月のけがを負わせたほか、11月初旬には後頭部を平手で殴打するなどし、全治2週間のけがを負わせたとしている。
 同課によると、名取容疑者は流絃ちゃんの傷跡を携帯電話で撮影し、保存していた。
 一方、東京地検は最初の傷害事件については処分保留で釈放した。パンをのどにつめられた流絃ちゃんは、今月25日に低酸素脳症で死亡。同課は容疑を傷害致死に切り替えて調べていた。


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/641-ce267490

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。