スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ODAを減らされた国はどこの国だろうか?

首相「ODA削減分は再建されたら何倍にも増やす」 駐日大使招いた震災支援「感謝の集い」で明言

2011.5.11 19:47
¾¾ËܹäÌÀ³°Áê¼çºŤΡִ¶¼դν¸¤¤¡פ¬¹Ԥï¤졢¥¹¥ڥ·¥ã¥륲¥¹¥ȤȤ·¤ƿûľ¿ͼóÁ꤬Åо졣´¶¼դΰդò½Ҥ٤¿¡ᣱ£±Æü¸á¸塢ÅìµþÅԡ¦³°̳¾ÊÈÓÁҸø´ۡʲ®·¦²»£±ơË
松本剛明外相主催の「感謝の集い」が行われ、スペシャルゲストとして菅直人首相が登場。感謝の意を述べた=11日午後、東京都・外務省飯倉公館(荻窪佳撮影)
 菅直人首相は11日夜、東日本大震災復興向けの平成23年度第1次予算の財源として政府開発援助(ODA)の1割に相当する約500億円を削減したことについて「わが国が元気に再建されたとき、削った金額を何倍にも増やして多くの国の応援にあてる決意だ」と述べた。
 首相の発言は、都内の外務省飯倉公館に駐日大使らを招いた震災支援に対する同省主催の「感謝の集い」で飛び出した。首相は「補正予算で1つだけ多くの人に『まずい』と言われていることがある」と述べ、ODA削減を指摘。その上で将来的な増額を「約束する」と明言した。ODA削減に対する各国の不安を払拭したかったようだ。
 首相は会場で販売された被災地や風評被害を受けている地域の農産品について「ぜひ買って味わってほしい。それが今のわが国に対する最大の皆さんの応援だ」と呼びかけたが、自らは購入することなく10分程度で会場を後にした。


国際社会に対する菅総理のパフォーマンス
 
「わが国が元気に再建されたとき、削った金額を何倍にも増やして多くの国の応援にあてる決意だ」
 
言うのは簡単である。少なくとも菅総理はその頃議員辞職に追い込まれているはずである。出来ない約束を「何倍にも」といい加減な発言で国内外を困惑させる・・・こんな事でしかアピールできないのか?
 
気になるのはODAの削減された国々。ほんの500億の財源しか生まれない。支那のODAは削減の方向である。(H24年度…大幅削減決定、H23年度…5%削減)たったそれだけか?経済大国第2位の支那にはODAの必要性など全く無い。チベット、東トルキスタンに対しての人道支援を無償援助するならまだしも、支那共産党にはカネをばら撒くな!今を逃したらズルズルとODAを続ける羽目になる。民主党政権に言っても無駄だな。。。
 
500億の削減に踏み切り、何倍にもして応援するとなると・・・数千億。支那に対してゆくゆくはODAを増やす事になる?それらが軍拡に使われる?空母や戦闘機などの増強に手を貸す日本国には、「元気に再建された時」という時が「日本崩壊の時」となるかもしれない。
 
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/610-cd450a64

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。