スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下大阪府知事の国旗国歌条例化への期待と不安

大阪が変わる!維新が変える!橋下が叫ぶ!
 
・・・府民は本当に期待する?
 

ツイッターに「これが民主主義だ」 橋下知事、国歌起立条例で攻勢へ

2011.5.19 12:58 (1/2ページ)
ÂçºåÉܵIJ񣵷îÄêÎã²ñ¤˽ÐÀʤ·¤¿¶¶²¼ŰÃλö¡ÊÁ°Î󺸡ˡᣱ£¹Æü¸á¸壱»þ¡¢ÂçºåÉÜģ¡ÊÂôÌ¿®»£±ơË
大阪府議会5月定例会に出席した橋下徹知事(前列左)=19日午後1時、大阪府庁(沢野貴信撮影)
 19日開会の大阪府議会。橋下徹知事が率いる地域政党「大阪維新の会」は、府内の公立学校の教員に対し、式典での国歌斉唱時の起立を義務づける条例案を提出する方針だ。過半数を占める維新が提案すれば、可決は確実。
 教職員組合などは「公教育への介入、教職員への思想統制」と反発を強めるが、橋下知事は「公務員が国歌斉唱時に起立するのは当たり前」と、議員提案で一気に可決に持ち込む構えだ。

政令市含めた戦略
 「これは君が代問題ではない。教員は職務命令を無視できるのか?の問題」。19日午前3時すぎ、橋下知事は自身の簡易ブログ「Twitter(ツイッター)」にこう書き込んだ。この日午前、橋下知事と意見交換した府教委幹部は、府教委から全教職員に、起立を求める職務命令を出す方針を示した。
 国歌斉唱時の起立義務化の対象は、大阪市などの政令市を含む府内全ての公立小中高校など、計1701校の教員計約5万5500人となる見込み。条例では府施設での国旗の常時掲揚も義務付ける。
 橋下知事は、この条例とは別に、職務命令に繰り返し違反した場合、懲戒免職も含めた処分基準を定めた条例を9月府議会に提案する方針で、違反者の実名や所属校の公表も検討する。


 
私が橋下批判を行なうと…以前の記事のコメント欄で反論してきた『スタンダードな府民』さんの様に橋下府知事擁護派が現われる。だから何度も何度も言いますが、私は「反橋下」では無いし、白黒はっきりさせるのは私論でもある「反米、反反日」だけで良い。数人の政治家に対し期待はしているが、期待しすぎて裏切られるのが嫌なので、100%賛同はしない事にしている。
 
 
統一地方選により大阪維新の会が府議会を過半数取り、市議会は第一党となる。橋下府知事は「敗北」と言うが、リーダーシップと言う名の独裁市政が出来ない事を言っているのであって、都構想を白紙に戻したのも水面下で動く為である。その考え、姿勢が有権者に対する裏切りだと私は演説でも言ってきた。
 
 
大阪府議は大阪維新の会で過半数超えているので、上記の【国旗国歌条例】はすんなり通るでしょう。どれだけ左派議員が反対しても無理な話。「それが民主主義だ」と橋下府知事はツイッターでつぶやいたのである。まるで数の力で衆院選を勝利した小沢一郎のように。この条例により懲戒免職を言い渡されると思われる日教組教職員は裁判を起こす事が出来るのか?と考えた時に、ブログのお友達の方には
 
「裁判を起こされ左寄りの裁判官により日教組有利の判決が下されておしまい」
 
とコメントを送ったが、おそらく私の間違いである。大阪府の条例が違憲であるという裁判は行なわれない。条例を議会で決め賛成多数で可決されるから、裁判沙汰にはならないでしょう。ただ、これからルール作成をする条例の裏を欠くに違いない。言葉の捉え方ひとつでどうにでもなる。憲法9条がいい例である。左派議員始め、日教組に対して「ギャフン」と言わせなければ橋下府知事らしくない。
 
 
まず、国旗常時掲揚の細かな指示をするべきである。
 
・式典等の国旗掲揚方法(全校集会含む)
・祝祭日だけではなく常時国旗掲揚(教職員による掲揚、業者不可)
・晴れた日は校庭の「掲揚ポール」に決められた時間帯に掲揚する
・雨の日は校舎入り口(生徒が出入りする場所)に掲揚する
・国旗を勝手に下ろしたり、汚損、破損した場合の罰則規定
・半旗を掲げる際の規定
・国旗の状態が悪くなった際の交換~廃棄手順
・国旗の正しい歴史を児童生徒に教育する
 
 
次に、国歌斉唱方法の細かな指示をする。
 
・全員起立(身体障がい者除く)国旗に正対し国歌を歌う
・大阪府で決めた「君が代」の譜面通りにピアノ(オルガン)で伴奏
・クチパク禁止(韓国っぽいかな)
・君が代の歌詞どおりに声を出し最初から最後まで歌う
・児童生徒には音楽の時間に、歌詞通り、譜面の音程通りに歌えるように指導する。
・歌詞の意味と歴史を授業で教える。
・国歌斉唱の際には私語禁止(当然)
 
 
とにかく細かい内容ではあるが、日教組の国旗国歌に対する歪んだ思想を考えるならば、詳細なルール作りをすべきである。国歌斉唱の際は起立をするというルールを作ったら、日教組教職員は起立をするが、背を向けるかもしれない。それをさせないために「国旗に正対」する文言を付け加えなければいけない。国旗国歌に対して児童生徒、教職員の考えを統一させ、上記のルールを故意に破ったものには懲戒免職等の厳罰を処さねばいけない。児童生徒が破るのは指導という形で教育しなおすだけ。もちろん教職員の条例無視は犯罪者として扱う為、学校名公開、本名公開を行なわせる。それにより右翼団体の皆様が忙しくなる事でしょう。個人攻撃はしないと豪語する団体まで、動かざるを得ない(笑)
 
こういった条例を大阪府が条例化する背景には、大阪都構想と大阪市平松市長が絡んでいる。さらに裁判沙汰になっている現状も絡んでいる。
平松市長は市長権限を使い、大阪市の【幼小中高】に国旗の平日、祝祭日掲揚を学校長へ通達を出した。結果、条例化しなくても「ほぼ100%」の掲揚率を達成している。堺市も100%を目指し準備を進めている所である。大阪府だけが条例化にこだわり、府議会で国旗掲揚を出すも、左派議員の反対に遭い、条例化できなくなっていた。そして統一地方選圧勝を受け再度条例化に踏み切る。どうせやるならとことん厳しく細かいルール作りをして頂きたい。
 
 
大阪府が国旗国歌条例を現実のものとした後で、国会議員へと声をかけ、日本の【国旗国歌法】の改正を促して欲しいものである。その法律の中で必ず「国旗掲揚、国歌斉唱」に関する詳細な取り決めを盛り込み、罰則も盛り込んで欲しい。特に「国旗損壊罪」に関しては国内だけではなく、全世界の国家国民に対する罰則を取り決めるべきである。
 
日本国があらゆる国々から何故国旗を燃やされ破られても何も言わないのか?そんな報道を国民が見たときに日本人の誇りはズタズタである。同じ様に左翼団体、日教組などの連中が国旗に落書きを行い、国旗「日の丸」に反対する意思表示をしている。国内であってもこの有様である。プロ野球やプロサッカー等の選手やサポーター、観客が行なう国旗に対する寄せ書き、応援メッセージに対しても、国旗を神聖なものと考え法律改正するならば、止めさせるのが望ましい。どうしても寄せ書き、応援メッセージを書きたいと言うならば、国旗と同じサイズの真っ白い布に書いてもらうしかないだろう。
 
国旗の取り扱い方を含め、当たり前の事を法律にしなければいけない程、日本のモラル、常識が落ちている。大震災で世界各国から絶賛された日本人の常識、モラル、助け合いを全て虚構だとは言わないが、報道された一部である事は確かである。その裏側では沢山の略奪、強姦、空き巣、法外な値段の食料品等の売買が行なわれていた。
 
 
一般人だけではない。政治家を志す人間やその取り巻きが、国旗国歌に対して何の知識もなく国旗を取り扱う事に違和感を感じる。国旗国歌に対して異を唱える政治家など論外である。橋下府知事にはこの条例化が大阪府民に誇りを持たせる第一歩になる事を期待すると共に、ゆくゆくは日本国全体に広げる努力をして欲しい。しかし、下記の画像のように、統一地方選、大阪維新の会の生野選挙区 角谷議員講演会で橋本府知事が国旗の取り扱い方に違和感を感じていない事を考えると、この条例化は不発に終わるかもしれませんね。
 
 

 
 
国旗「日の丸」を画鋲5個で穴を開け押さえておきながら、誰一人注意もしない。大丈夫か?橋下府知事?そんな事で条例化して平気か?右寄り勢力からの有識者に助言を受けながら、条例化に向けて歩んで欲しいが橋下自身の独断と偏見で事を進めていくのが見え見えである。
 
 
【灯台元暮らし】
 
まず、大阪維新の会所属議員から国旗国歌のイロハを教える事をお勧め致します。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/604-b98845e2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。