スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国国会議員「姜昌一」を逮捕せよ。

「(日本側反応は)コメディー。見に行っただけだ」帰国直後、仁川空港で会見
2011.5.25 12:01
¡¡ËÌÊýÎÎÅڡ¦¹ñ¸åÅç¤ÎˬÌä¤򽪤¨¡¢´ڹ񡦿ÎÀî¹ñºݶõ¹Á¤ǵ­¼Բ񸫤¹¤ë¡ÖÆÈÅçÎÎÅڼé¸îÂкöÆÃḚ̂Ѱ÷²ñ¡פÎժ¾»°ì°Ѱ÷Ĺ¡ᣲ£µÆü¡ʶ¦Ʊ¡Ë
 北方領土・国後島の訪問を終え、韓国・仁川国際空港で記者会見する「独島領土守護対策特別委員会」の姜昌一委員長=25日(共同)
 【仁川空港=加藤達也】北方領土の国後島を訪問した韓国国会の野党議員らが25日、韓国に帰国し、仁川国際空港で記者会見。日本側が訪問を問題視していることに関し、「コメディーだ。北方領土を見に行っただけだ」と述べた。
 国後島を訪問したのは、韓国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)の領有権確定に向けた活動を展開する韓国国会の「独島領土守護対策特別委員会」に所属する野党民主党の姜昌一委員長ら議員3人と、随行の国会職員1人。
 議員らは会見で訪問の意図について「見に行っただけだ」と主張。そのうえで、「誤解がある。(日本側が)韓国の国会議員の活動にあれこれ言うのはやめてもらいたい」と述べ、日本側が問題視していることに反発した。
 また「独島については歴史的、地理的に韓国領だが、クリル諸島(北方領土)は敗戦によってロシアに奪われたということが分かった」、「行く必要があれば(日本経由で)尖閣に行ってみてもいい」とも述べた。
 一方、渡航に当たりロシア側の働きかけを受けたかどうかについては「ロシア政府とは(事前に)連絡しておらず、まったく無関係」と説明。ロシアの関与を否定した。
 一行は22日に韓国を出発し、ロシア極東ウラジオストクとユジノサハリンスクで領土問題の専門家らと会談。国後島に約50分間滞在。社会・経済施設を視察したという。
 議員側は出発前、訪問目的を「日本と領有権問題を抱える地域の支配・管理状況を視察すること」と主張。菅直人首相が20日、「きちんとした対応を取りたい」と表明していたが、姜委員長らは「失礼な態度だ」と突っぱね、訪問を強行した。


 
「日本側の対応はコメディ」と言いのけるこの「姜昌一」が北方領土へ行き・・・
 
 
「独島については歴史的、地理的に韓国領だが、クリル諸島(北方領土)は敗戦によってロシアに奪われたということが分かった」
 
 
と言っている。竹島(韓国がいう 独島)については改めて説明しなくても日本の固有の領土である。
 
 
 
この発言の中では「敗戦によってロシアに奪われたという事がわかった」と言っている。つまり、ロシアの火事場泥棒により盗まれた領土であると認めている。日本の主張どおり、北方領土は日本のものという認識であるならば、日本の抗議を無視して「コメディ」と言いのけ、無断で領土へ立ち入った「姜昌一」は日本国内への不法入国である。しかも不法入国である事をこの発言で認めている確信犯である。
 
 
 
 入国管理法
 
 第70条  次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役若しくは禁錮若しくは300万円以下の罰金に処し、又はその懲役若しくは禁錮及び罰金を併科する。

一  第3条の規定に違反して本邦に入つた者
偽造旅券などで入国した人のことです。

二  入国審査官から上陸の許可等を受けないで本邦に上陸した者
密入国などをした人のことです。

三  第22条の4第1項(第一号又は第二号に係るものに限る。)の規定により在留資格を取り消された者で本邦に残留するもの
今回の法改正により新設された「在留資格取消制度」により、在留資格を取り消されたのに出国せず、日本に残留する人のことです。


 
 
不法入国をした韓国国会議員「姜昌一」は、入国管理法違反 第70条2項により、3年以下の懲役、若しくは禁錮、若しくは300万円以下の罰金が科せられる。早く捕まえろ!!
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/598-5191be44

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。