スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪維新の会による国旗国歌条例可決まであと何時間?


 
 現在進行形で大阪府議会では「国旗国歌条例」他が議論されている。国旗国歌条例は可決確実である。賛成政党は「大阪維新の会」のみ。自民党は条例化する必要がないという理由で反対意見である。
 
 これまで大阪府議会の半数を占めていた自民党が条例化せずしてどの様に国旗国歌に敬意を払うよう進めていたのか?疑問である。一方、橋下府知事は平松市長の様に、市長の権限で各学校長に国旗掲揚をさせる方法をしなかった理由が知りたい。
 
どちらにしても反対意見の政党や教職員連中が浅はかな歴史認識の下、反戦活動している左翼団体所属であったその思想を持ち合わせている限り、国旗国歌に対する反対意見や、天皇制反対を辞めることは無いだろう。
 
 ただ、ここは日本である。日本国に産まれ日本国で育った人間であれば、歪んだ考えの日本を広めるのではなく、史実に基づいた真実だけを教育して欲しい。教職員の中では爺さんが亡くなる前に戦争に対する悲観的な話を聞き、【日本軍に対する怒り→国旗反対、国歌反対】になったと言いのける教員もいるようだ。そんな事を聞かされただけで偏向教育を行なう馬鹿な孫世代
 
そんな国旗国歌に敬意を払う事も出来ない教職員が多数いる大阪だから、「国旗国歌条例化」は必要なのである。この条例自体が「恥」であると大阪府民が理解し、国旗国歌に対する敬意を払えるよう家庭での道徳教育が必要不可欠なのです。それでも日本の国旗が嫌で、国歌を歌いたくないのであれば、韓国にでも行き、教員免許を取るべきである。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/588-749794cc

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。