スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那艦艇8隻がまた領海侵犯!

中国艦艇8隻、沖縄近海を通過 遠洋訓練「常態化」…外務省、抗議しない方針

2011.6.8 21:51 (1/2ページ)
²­Æì¢ù᳤¤òÄ̲ᤷ¤¿\½\֥ì\á\ó\̥¤µé\ߥµ\¤\ë¢ùîÃà¡­ϡʣ¡Þ£³£¢ù¡ˡáËɱҾÊÄó¢ù¡
沖縄近海を通過したソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦(136)=防衛省提供
 防衛省は8日、中国海軍の艦艇8隻が沖縄本島と宮古島の間を通過したと発表した。昨年4月にも駆逐艦や潜水艦など10隻が同じ海域を通過し、沖ノ鳥島近くで訓練を実施しており、中国海軍が東シナ海で遠洋訓練を常態化させたことが裏付けられた。東日本大震災への対応に追われる自衛隊に対する“配慮”をやめたと宣言したに等しい。
 防衛省によると、8日午前0時ごろ補給艦と潜水艦救難艦など3隻、正午ごろにはミサイル駆逐艦とフリゲート艦など5隻が通過したのを海上自衛隊の護衛艦が確認。いずれも沖縄本島南端と宮古島の中間地点の公海上を抜け南下している。潜水艦は確認されていないが、潜水艦救難艦が含まれていることから潜伏している可能性が大きい。
 呉勝利・海軍司令官は一昨年4月、海軍創設60周年の観閲式で「海軍の5大兵種(艦艇や潜水艦など)は毎年数回部隊を組織し、遠洋訓練を行う」と宣言。中国海軍の遠洋訓練の活発化は既定路線だとされる。
 東シナ海での遠洋訓練は、九州-台湾-フィリピンを結ぶ「第1列島線」を越えるものを指す。沖縄本島と宮古島をつなぐ海域も第1列島線に重なっており、今回の艦艇進出も遠洋訓練の一環として年度計画であらかじめ予定された公算が大きい。


 領海侵犯をwikiで調べると・・・
 
 
国際法上、国家は自国の領海に対して管轄権を持っているが、沿岸国以外の国家の船舶について無害通航権が認められている。このため外国の軍艦商船が領海へ無断で入ることをもって即座に「領海侵犯」とすることはできない。
 
 
と、書かれている。今回の支那艦艇は領海侵犯ではない事になる。しかし、日本国民として考えると、支那自体が有害である。有害国家の艦艇が日本国の領海内を8隻も通過しているのである。
 
しかも、支那艦艇の目的は公海上での演習が目的であり、日本の主権が及ぶ場所を武装した他国の艦艇が通過しているのである。もし核を積んでいたら、非核三原則を無視(とっくに米国に破られているが)する暴挙である。何らかの事故でミサイル発射、核爆発が起きるとしたら、日本はどの様な対応をするのであろうか?
 
決してこの支那の行動を許してはならない。日本政府のゴタゴタがこの様な事態を引き起こしたともいえる。親中議員が目先のカネの為に支那を甘やかすから、支那海軍が暴走するのだ!解散しやがれ民主党!
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/576-e5ea338c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。