スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本龍も村井宮城県知事も辞任しろ!!



「突き放す時は突き放す」復興相が被災地知事に注文
2011.7.4 00:00
宮城県の村井嘉浩知事(右)と会談する松本復興相(左)=3日午後、宮城県庁
 松本龍震災復興担当相は3日、村井嘉浩宮城県知事と県庁で会談し「政府に甘えるところは甘えていい。こっちも突き放すところは突き放す」明言。
 知事の漁港集約構想について「県で意見集約をちゃんとやれ。やらなかったらこっちも何もしない」と述べた。


 
いきなり偉そうになった松本龍が、村井宮城県知事を突き放している!
 


自民党宮城県連が抗議文「心を踏みにじる発言」
2011.7.4 18:08
 松本龍震災復興担当相が宮城と岩手の両県知事と会談した際の言動について、自民党宮城県連は4日、被災地の人間の感情を逆なでするもので容認できないとして、真摯(しんし)な謝罪を求める抗議文を松本復興相宛に発送した。
 会見した須田善明幹事長は「復興、再生に携わるすべての人の心を踏みにじる発言」と怒りをあらわにし、松本氏が同日謝罪したことを取り上げ、「『もし傷つけたとするならばおわび申し上げる』だったが、すでに傷つけている。その感性自体が理解できない」と批判した。
 同党県連には「発言を許すな」という声が百件以上寄せられているという。


 
突き放された村井をかばう形で自民党宮城県連が抗議文を出す!
 


「被災者の皆さまを傷つけたのであれば」と陳謝 「問題ない」から一転、辞任は否定
2011.7.4 16:21
記者会見する松本龍復興担当相。厳しい暑さにもかかわらず、会見は屋上で行われた=4日午後、東京都港区赤坂(荻窪佳撮影)
 松本龍震災復興担当相は4日午後、都内で記者会見し、東日本大震災の被災地復興をめぐる自身の発言について「(自分が)九州の人間で語気が荒かったりして、結果として被災者の皆さまを傷つけたのであれば、おわび申し上げたい」と陳謝した。自らの進退については「このまま真っすぐ向いて復興にあたっていく」と辞任を否定した。
 松本氏は同日昼、自らの発言について「問題はない」との認識を示していたが、被災地や野党が一連の発言に反発を強めていることから、急きょ記者会見をして謝罪した。



 
言い訳がましく謝罪!
 


この一連の流れを見た人は、松本龍の本性が解ったと思う。復興担当大臣に任命され【自分が偉い!俺の言う事聞け!絞り出した知恵を俺に持ってこい!カネを出さないぞ!】と言ってるようなものである。「被災地の方々に寄り添って復興を行なっていく」などと言いながら、被災地を上から目線で見下している。そして問題発言、問題行動を繰り返した松本龍は辞任を否定している。
こんな奴が国会議員の給料7500万程貰ったらしい。何があっても辞めない『しがみつきの賊、菅総理2号』が生まれてしまった。
 
 
一方、村井宮城県知事は被害者面しているが、村井が松本龍に会って話した内容というのは、『漁業集約構想』である。宮城県の被災地代表である知事の構想には、被災地の住民や、漁協、漁師の「意思、意見、要望、願望」というものが全く聞き入れられていない。
村井も宮城県の復興に関するビジョンを独裁にて決めてしまう恐れがある。本当にお前は元自衛隊なのか!?県民の意見を十分に聞きいれ協調せい!協調!!


漁業復興

 漁業復興では、野村総研は「復興対象漁港の絞り込み」「漁業者を組織し、法人設立を支援する等して、経営主体の強化を図る」(9回提言)と提起。県も「漁港の集約再編」「零細な経営体の共同組織化や漁業会社など新しい経営方針の導入」(方針素案)を目指すとしています。
 村井知事は、4月23日に開かれた政府の復興構想会議の席上、「漁業の株式会社化を大がかりでやったらどうだろうか」と提案し、10日の同会議では「緊急提言」として、沿岸漁業への民間参入や資本導入を図る「水産業復興特区」をぶち上げたのです。
 もうけが上がらなければ勝手に撤退してしまう企業の大規模参入――。宮城県漁協の木村稔経営管理委員会会長は25日の衆院大震災復興特別委員会で「子々孫々まで漁業を続け、そこに住みつくのが漁師。会社なんてもってのほか」「バカにするなといいたい。漁業者は全員一致で反対だ」と表明しています。
(しんぶん赤旗抜粋)http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-29/2011052902_02_1.html
 


 しんぶん赤旗から記事をパクった(笑)
 
 
被災地の声を県政に反映する気の無い村井知事と、復興担当大臣に就任しながらも、権力に酔っている復興独裁者松本龍。
 
この様な連中が復興を利用し、リーダーシップという名の独裁を行なっている。それが被災者や被災企業の未来を照らしてくれるものであるなら、県民は着いて来るが少なからずそうは見えない。
 
トラック業界の自由化、タクシー業界の自由化、その他業種の自由化で競争力を煽りたて、結果的に安価でサービスを行なう大企業が一人勝ちする方法を、漁業で行なおうとするだけであり、漁協の崩壊=漁師の低賃金、正社員化を推し進める事になるだけである。そして一人勝ちした大企業には・・・農水省からの天下り連中が巣食うだけである。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/554-d8121f69

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。