スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に必要なのは実効支配に対する強い抗議である

韓国の民間団体が竹島海底に石碑を設置

2011.7.17 20:34
 韓国南部の全羅南道麗水市のスキン・スキューバ連合会は17日、同市で来年5月から開催される国際博覧会の成功を祈って、竹島(韓国名・独島)近くの海底に石碑を設置したと明らかにした。聯合ニュースが伝えた。
 竹島は日韓両国が領有権を主張し、韓国が実効支配。同ニュースによると、石碑は幅60センチ、長さ70センチの大理石の板に、ハングルと数字で「大韓民国 2012麗水世界博覧会」などと刻まれ、韓国国旗の模様も彫刻。海底の岩に据え付けられた。
 近くには、博覧会関連資料や石碑設置作業の参加者名などを記録したメモリーカードを入れたタイムカプセルも埋設されたという。
 同博覧会は来年5月12日から3カ月間、開催される予定。(共同)

関連ニュース


 
 

 最初にクリック願います。
 
 
 
関連ニュースを含めて見てみると解りやすい。大震災後の韓国が行う竹島の実効支配の一部始終。日本国が歴史を遡っても明らかに「竹島は日本の領土である」という資料を盾に韓国と外交を行ったとしても、今まさに進んでいる実効支配に対し、政府としての抗議を行わなければ、主権を放棄していると認識されてお終いである。
 
先の大戦で原爆投下により多数の民間人が亡くなった。その後遺症を現在も抱えて暮らしている人もいる。原爆とは明らかに戦争犯罪であり、戦勝国に裁かれた東京裁判は戦争犯罪国家のエゴである。もし原爆投下が国際社会、国際司法の判断で戦争犯罪にあたり違法であるとなれば、東京裁判無効!
 
・・・しかし実際は覆す事が無理である。
 
米国による戦争犯罪により歴史を変えられ、日本の主権を侵す反日国家。実効支配を進める根本には「戦勝国」であると言う妄想が今もあり、自虐史観の日本人が戦後66年間もの間、政権を握っている事である。米国の原爆投下(戦争犯罪)が有罪と国際社会が認定する事ができれば、【朝鮮半島、台湾、満州】は今でも日本の領土であり、韓国と言うタカリ国家は日本の「一地方」でしかない。捏造された歴史をいつまで日本人は引きずるのか?
 
政府は「竹島に領有権問題は発生しない」と声高に主張し、実効支配を進める韓国に対する経済制裁を視野に入れなければいけない。さらに広島と長崎の平和記念式典にて米国の戦争犯罪を糾弾する事が大事である。目先の国益に惑わされて抗議さえも行わないのであれば、日本はいつまでも米国の属国であり、決して同盟国と呼べる関係にはなり得ない。日米韓の微妙な関係では何の影響力も与える事ができないし、北朝鮮も支那も軍拡を緩める事は無いでしょう。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/539-1b298ca9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。