スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅総理の拉致実行犯親族への献金までも言い訳がましく釈明

 
 

ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
 

首相側献金問題、一問一答「政治的なつきあいは控えたい」

2011.7.21 22:02 (1/2ページ)
»²¡Þ¡ͽ»»¡ëѰ¡à²ñ¤Çȯ¸À¤¹¤ëÙÇáßÈﳲ¼Ԥ¦ÂȲ²ñ»ö̳¢ùÉĹ¡¢Áý¸µ¾ÈÌÀ¤µ¤ó¡ᣲ£¡ÞÆü¡¢¹ñ²ñ¡ʼ򴬽Ӳ𻣱ơË
参院予算委員会で発言する拉致被害者の家族会事務局長、増元照明さん=21日、国会(酒巻俊介撮影)
 菅直人首相の資金管理団体が、拉致事件容疑者の長男が所属する政治団体「市民の党」の周辺団体に多額の政治献金をしていた問題は21日、拉致被害者家族の増元照明さん(55)が参院予算委員会に出席し、首相に説明を求める事態に発展した。「何を信じていいか分からない」「本当に知らなかったのか」。菅首相は「申し訳ない」などと述べたが、献金の意図や目的については依然として不明のままだ。菅首相と自民党の山谷えり子議員の主なやりとりは以下の通り。
 --市民の党の酒井剛代表とはどのような関係か
 「私に紹介してくださる先輩があり、知り合った」
 --拉致犯側を応援している団体に献金した責任は
 「三鷹市議選に立候補した人物についてまったく承知しておらず、私が謝るとか謝らないとかいうことにはならないと思う」
 --なぜ寄付したか
 「当時の党役職者として、ローカルパーティーと、民主党の活動の連携・支援のために行った」
 --よど号犯グループの田宮高麿元リーダーらも寄稿していた『新生』という機関紙に菅首相も若いころ、寄稿したりインタビューに答えたりしているが
 「多くの雑誌、新聞に投稿やインタビューを行っており、どの時期にどこへ投稿などをしたかはすべて記憶しているわけではない」
 --市民の党などの事務担当者は今、現役の民主党国会議員秘書だが
 「自ら調べていないので、まだ確認していない」
 --拉致問題対策本部長として、家族会の方に申し訳ないと思わないか
 「そうした(拉致実行犯と近い)関係だったとすれば申し訳ないことだと思う。ただ、そうした関係にあったと認識していない」
 その後、増元さんが参考人として発言した。増元さんの発言要旨は以下の通り。

 家族会結成は平成9年だが、それ以降、日本の闇に傷つけられて13年過ごした。赤い旗を振る人たちから、朝鮮半島に日本がしたことをどう考えるんだ、という非難の言葉を投げつけられた。家族を取り戻したいだけなのに、いまだイデオロギーで反対する人がいる。
 今回の献金問題で、横田早紀江さんは『何を信じていいか分からない』『本当に私たちの家族を取り戻してくれる政府なのか』と、吐き気がするほど具合が悪くなった。
 菅首相から拉致実行犯の北朝鮮工作員、辛光洙(シン・グァンス)容疑者の釈放嘆願書署名についておわびがあった際、過去のことは問わないと了承したがその後、拉致実行犯の息子を擁立した団体に多額の献金がされている。
 私の父は『日本を信じる』と言って死んだ。父が信じた日本は、国民の命を救出できる国だと思う。そういう国づくりをしていただきたい


 
北朝鮮工作員、辛光洙(シン・グァンス)の釈放署名嘆願書に署名、提出をした平成元年7月。この署名がひとつの韓国政府への圧力(内政干渉)となったかは解らないが、結果的に辛光洙(シン・グァンス)は北朝鮮へ移送され英雄となって帰国した。詳細は下記をクリック。
 
北朝鮮工作員の釈放署名嘆願書にサインした国会議員
 
この釈放署名嘆願書にサインをした事を「知らなかった」と言い訳している菅総理は安部元総理に突っ込まれしどろもどろになりながら熱弁?
 
 
 
>市民の党の酒井剛代表とはどのような関係か
 「私に紹介してくださる先輩があり、知り合った」
 
おそらく「土井たか子」、「田 英夫」辺りだろう。この2人が釈放署名を呼びかけ北朝鮮工作員と解った上で裏工作していた。田英夫は過去にこんな事を言っていた。
 
1972年に発生したあさま山荘事件の直後に連合赤軍について述べ「赤軍派を非難する声があるが、幕末明治維新を御覧なさい。正義のための殺人もあれば暗殺もある。水戸の天狗党は維新に先駆けて決起し結局幕府のために死刑になったが、全ては歴史が審判する」と赤軍派擁護の発言を行い、後に批判されることとなる。
 
 
連合赤軍を革命家として崇める。そして関係する数々の事件に擁護する立ち位置をとる。革マル派にしても、中核派にしても自らの犯した犯罪に反省することなく、組織として国家権力の横暴、不当逮捕と喚きながら警察を攻撃の対象とする。それと同じ行動を起こしているのが田英夫であり、菅総理である。
 
社会党が解党し、民主党に大半が移行した。社民連の菅も民主党に合流。民主党という名の「社会党」が赤軍という革命家を崇めたまま今に至る。その赤軍が「よど号ハイジャック」を起こし北朝鮮への亡命を果たした事で、北朝鮮国家を擁護し北朝鮮にいる赤軍を支援する事になったのだろう。そういった一連の流れを見ていても、菅が拉致実行犯の親族と理解してて多額の献金を送っていた事も、菅以外の国会議員、地方議員が政権交代をめざす市民の会経由で、市民の党への献金を行なっていたことも当然の流れである。そのカネは菅個人のカネではなく、民主党の政党助成金であることまでバレている。国民の血税が拉致実行犯の親族へ渡っている事実をどう考えるのか?
 
拉致実行犯の親族だから犯罪者ではない。もちろん日本国籍を持つ人間であるから選挙権も被選挙権もある。人権も尊重しなければいけない。ただ・・・そこへ国民のカネが献金されている件、そのカネが国民の血税である件、さらに拉致問題が一向に解決していない中での献金である件、それが大問題なのである。その他にも興味深い風評がある。
 
福島原発
拉致被害者蓮池薫氏の兄「蓮池透」氏
核燃料棒
蓮池透氏と共に活動する左翼団体
大震災後の菅の初動
 
この5つがつながっているかもしれない。詳しくは下記ブログへ。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/536-1771c9e9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。