スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災が起きても政治が後退していても…円高が進む日本 そして日本の移民危機

 
【あらすじ】
 
"円"が世界で一番強かった時代。一攫千金を求めて日本にやってきた外国人達は、街を"円都(イェン・タウン)"と呼び、日本人達は住み着いた違法労働者達を"円盗(イェン・タウン)"と呼んで卑しんだ。そんな円都に住む、円盗たちの物語である。
アゲハは円都の娼婦だった母の死後、無責任な大人達にたらい回しにされ、胸に蝶のタトゥーを付け、美しい歌を歌う娼婦グリコの元に引き取られる。グリコもまた、"円"を夢見て上海から日本にやってきた円盗だった。彼女の周りにいるのも、彼女と同じように円を求めて日本にやってきた円盗達だ。グリコたちはある日、アゲハを強姦しようとしたヤクザを死なせてしまい、彼の体内から一万円札の磁気データが記録されたカセットテープを手に入れる。
彼らはデータを元に作った偽札で儲け、グリコはひょんなことから歌手としての道を歩むが……。


 
移民が現在進行形で日本に入国し続けている。
 
日本と言う国はどこまで優しいのだろうか?相手を知らず、知ろうとせず、日本語が喋れなくても日本国に親族がいれば、何人でも入国可能。支那が作ったパスポートには抜け道があり、他人に成りすます事をせずして、支那共産党発行のパスポートを手に入れる事が出来る。入管では収入源を「生活保護」と書いて通す始末。その結果、在日支那人は100万人を超えている。
 
「円都」となりつつあるこの国は、映画のストーリーの様に移民国家まっしぐらである。経済は崩壊し、社会保障、福祉も崩壊。生活保護も撤廃間違いない。移民は中華思想そのままに著作権侵害、海賊版の流出、法を守らない輩と、元人民軍兵士の支那スパイにより、日本と言う国の事実上「乗っ取り」が進行する。
 
映画の中の偽札ほど作りが悪くない偽造紙幣が流通する恐れもある。北朝鮮の覚せい剤が支那経由で日本に入ってくる恐れもある。尖閣諸島の実効支配が進めば偽札や覚せい剤の中継地点となり、支那漁船の数も増える事でしょう。
 
戦後、朝鮮人が一攫千金を考え、日本へ仕事を求めて密入国を繰り返して来た様に今度は支那が大移動を始める・・・危険である。
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/527-10f6687f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。