スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7歳長男 両親による虐待にて死亡

【身体的虐待】・・・死亡
場所:大阪府阪市西淀川区大和田3
加害者:継父の森田勝智(まさとも)(44)と実母の良子(りょうこ)(29)
被害者:母の連れ子 長男 翼くん(7)
被害状況:「自宅でプロレスごっこをしている時に放り投げた。妻がその後、突き倒した」 タバコを押し付けた跡、やせ細った身体から育児放棄の疑いもある
虐待時期:2011年8月25日夜
逮捕日:2011年8月26日


虐待:7歳の長男死なす 容疑で両親を逮捕 大阪

¿¹ÅÄÍƵ¿¼Ԥ¬ĹÃˤÎÍ㷯¤ò½ý³²Ã׻व¤»¤¿¤Ȥµ¤ì¤뼫Âð¡£Í㷯¤¬¡ëé¤ƤƤ¤¤¿¤Ȥߤé¤ì¤ë²֤ÎÉĤ¬Ã֤«¤줿¤ޤޤÀ¤ä¿¡áÂçºå»ÔÀ¾ÍäÀî¢ùè¤ÇÀîʿ¡ë¦»£¡ÞÆ
森田容疑者が長男の翼君を傷害致死させたとされる自宅。翼君が育てていたとみられる花の苗が置かれたままだった=大阪市西淀川区で川平愛撮影
 7歳の長男に暴行して死亡させたとして、大阪府警西淀川署は26日、大阪市西淀川区大和田3、継父の森田勝智(まさとも)(44)と実母の良子(りょうこ)(29)の両容疑者=いずれも無職=を傷害致死の疑いで逮捕した。勝智容疑者は「自宅でプロレスごっこをしている時に放り投げた。妻がその後、突き倒した」と認めている。良子容疑者は否認しているという。
 長男はやせ細り、体にはたばこを押しつけた痕やあざが複数あった。近所の住民らも勝智容疑者らの怒鳴り声などを聞くなどしており、府警は日常的な虐待があったとみて詳しく調べている。
 死亡したのは、大阪市立大和田小2年の藤永翼君(7)で、良子容疑者の連れ子。逮捕容疑は25日午後、自宅で翼君に暴行、翌日未明に死亡させた、としている。府警は26日にも司法解剖して詳しい死因を調べる。
 西淀川署によると、良子容疑者が25日夜、「プロレス技をかけたりして遊んでいたら、子どもの様子がおかしくなった」と119番通報した。搬送時は翼君は意識不明の重体で、脳内出血の疑いと診断された。
 両容疑者は2人の実子の三男(2)と翼君の4人暮らし。翼君は児童養護施設で生活していたが、今年4月から両容疑者と同居を始めたばかりだった。翼君の実の弟の次男(4)は児童養護施設に入所している。

 ◇こども相談センターに小学校から通報も

 大阪市中央区の市こども相談センター(児童相談所)の市村好弘副所長らが26日会見し、今年6月15日に、死亡した翼君(7)が通う大和田小学校から「額にあざがあり、父親からたたかれているようだ」と通報があったことを明らかにした。職員が家庭訪問と面会をしたが、両親は虐待について否定したという。一方、先月には、母親の良子容疑者から子育てに悩む電話もあったという。
 センター側は翼君本人とは接触しておらず、先月の母親の電話の後、面会などはしていなかった。岸本弘子・虐待対応担当課長は「学校と連携して見守っていた。事実関係を含め、対応に問題がなかったか検証したい」と話した。
 センターの説明によると、学校から通報があった日に職員が家庭訪問した。継父の勝智容疑者らは「弟とふざけてあざができたのでは。ただ、言っても分からないときは手が出ることもある」などと話していたという。児相は6月27日にも母親らと面会した。
 7月14日には、良子容疑者から児相に電話があり、「子供が学校からプリントを忘れたのにごめんなさいも言わない。いらいらする。(子育てに)いっぱいいっぱいだ」と相談してきた。職員は「いつでも相談してください」と答えたが、以後、接触はしていなかった。
 翼君は市内の児童養護施設に入所し、母親の希望を受けて、児相が面談をして同居に問題がないと判断、引き取りを許可していた。

大阪7歳児虐待死:死因は脳幹部出血

 大阪市西淀川区で市立大和田小2年、藤永翼君(7)が継父の森田勝智(まさとも)(44)、実母の良子(りょうこ)(29)の両容疑者=傷害致死容疑で逮捕=から虐待され死亡した事件で、大阪府警西淀川署は26日、司法解剖の結果、翼君の死因は頭頂部の強打による脳幹部出血などと発表した。腕や足に打撲痕が数カ所、たばこを押しつけられたとみられるやけどの痕が約10カ所あった。身長は114センチ、体重は18.4キロ。市によると、7歳児の平均よりやや細い程度という。


7歳虐待死で両親起訴 殴打や突き飛ばす 大阪・西淀川区

2011.9.16 19:37
 大阪市西淀川区で小学2年の長男、藤永翼君(7)を虐待し死なせたとして、大阪地検は16日、傷害致死罪で母親の無職、森田良子容疑者(29)と夫の無職、勝智容疑者(44)を起訴した。
 地検によると、良子被告は起訴内容を否認し、勝智被告は認めている。
 起訴状によると、8月25日正午~午後7時すぎごろ、同区の自宅で、それぞれ翼君を何度も殴打。良子被告が突き飛ばして転倒させ後頭部を畳に打ち付けさせたほか、勝智被告も3回にわたって体を持ち上げ布団に放り投げるなどし、翌26日、頭部打撲による脳幹部出血などにより死亡させた、としている。
 西淀川署によると、翼君は良子被告の連れ子で、3月に児童養護施設から2被告に引き取られた。


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/490-434fca2b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。