スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第41回 論叫警鐘辻説法 平成23年8月28日

 

 
本日は【日本晴れ】でした。
 
気温35℃
汚れても良いワークマンのやっすい作業着の総額・・・10000円弱
メガホン他、演説用品・・・40000円程
道路使用許可・・・2000円
ミナミ駐車場代・・・1200円
日本に危機感を持つこの想い・・・プライスレス!
 
 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
毎度の事ながら、辻説法していると反応が面白く、ありがたく、変わりつつあることを感じる。中には「うるせー」と言いながら必死に逃げる人もいる。そういう人を演説聴衆者は冷ややかな目で見る様になってきた。これまでは演説している私が冷ややかな目で見られるのが普通であったが、「継続は力なり」を実感しております。
 
 
お題キーワード・・・代表選・親米・防衛・他
 
 
演説の最初のお題は「命」 間違いなく今年を漢字一文字に表せば「命」になるでしょう。東日本大震災の後手後手の対応、福島県の風評被害、広島原爆の168倍の放射性物質の拡散、環境汚染を「安全」と言い張る保安院、今もなお被災地で暮らす国民の健康被害、今後の政府の内外被爆に対する対応・・・そういった事を訴え、多数の家族連れ、女性に共感してくれたと感じております。
 

 
名刺を頂き応援くださっている方、
演説を聞き、話しかけてくれたお兄さん、
リポDを差し入れしてくれたおじさん、
演説後半、ずっと聴いて下さっていたサングラスのギャル、
その他遠巻きに聞いてくださっていた方々に改めてありがとうございます!
 
後半途中から「いけっち様」の飛び入りもありました。ご参加ありがとうございます。・・・が、演説中の爆弾発言には思わず周りを見渡してしまった。そうっと着替えようかと思ってしまった(笑)
言ってる事は大部分同意してますが、自分の「出」を考えると、私も爆弾で負傷してしまっている・・・(´・ω・`)y-・~~
 
演説の最後に私が戦後の日本を即興で「親子」に例えた。
 
米国が母であるならば・・・
日本は子である。
乳離れできず、おっぱいをチュウチュウ吸う日本・・・
自立をさせない母。
時々、子の頭をぶん殴る母(児童虐待)
 
早く子が自立しなければならない。
乳離れした後で本当の親子関係を築こうと考える事を、世間がタブーとしている風潮がある。自立の為には母の価値観、偏向教育からの脱却、自立の為の青写真を描き、目標を立てる(憲法)。自立の為に自分の身を守る力をつける(国軍)。自立の為に母からの仕送りを断り働く(日本経済増強)自立できたら良い親子関係を築き上げる(新しい日米同盟)
 
理想と現実があるのは百も承知。やるかやらないかで日本の未来が決まってしまう。
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/486-3c018a26

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。