スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田のやるべき初動は集団的自衛権の行使だ!

 


ロシア爆撃機が「日本1周」 首相訪問時に福島沖も飛行 前代未聞の露骨な挑発

2011.9.9 01:30
 
 

北海道沖の空域で空中給油を受けるロシア軍の爆撃機(右)=8日午後(防衛省提供)
 ロシア軍は8日、北海道北東部の日本領空に接する形で設定した訓練空域などで演習を始めた。野田佳彦首相が東京電力福島第1原発を視察する時間帯に合わせ、爆撃機が福島県沖を飛行。日本列島を完全に1周するのは極めて異例で、北方領土付近では空中給油機も合流し、露骨な挑発の意図が鮮明になった。東シナ海では中国軍のY8の情報収集機型が日中中間線を越え飛行。中露ともに野田政権の外交姿勢を試しているとみられる。
 ロシア軍は千島列島周辺とカムチャツカ半島東側の沖合で3カ所、日本海北西部で1カ所に射撃やミサイル発射の訓練海域を設定したことも新たに分かった。
 ロシア空軍の2機の長距離爆撃機TU95は8日午前6時ごろ、対馬(長崎)の東側から日本領空に接近してきた。九州西方、沖縄本島の南を経由し、太平洋に入り北上した。
 国後島付近で2機の空中給油機IL78と合流、北海道北東部の訓練空域に入った。空中給油をした後、宗谷海峡を抜け、対馬東方まで南下し反転。再び国後島付近まで飛行後、午後8時ごろ帰投した。
 TU95は約14時間にわたり日本領空周辺を飛行しており「前代未聞で今後の動向も予測不能だ」(防衛省幹部)とされる。
 野田首相は午前10時40分ごろ福島第1原発に到着したが、そのころ2機のTU95は福島県沖を北上した。

 藤村修官房長官は「(訓練空域が領空に)ここまで近いのは異例」と述べた。


 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
親米議員の前原が、米国へ行き持論を披露したことに現政権は大慌てになっている。民主党政権は一個人の見解を述べたまでだと言い訳をしているが・・・
 
 前原氏は講演で、「自衛隊の国連平和維持活動(PKO)の参加実績は改善の余地がある。法的側面の課題を解決する必要がある」と指摘。特に、武器使用基準に関して、「自衛隊とともに行動する他国軍隊を急迫不正の侵害から防衛できるように」緩和するべきだと訴え、政府・民主党内で検討を進める考えを示した。
 
前原が披露した持論は現在の日本に必要なものであると思う。その前原が米国へ訪問するまさにその日に露の演習が行われ、日本の領空を侵犯している。あからさまとも言える挑発行為の何者でもない。
 
その頃、野田は福島原発へ出向き、作業員へのエールを送っている。露の行動を新防衛大臣「一川」はどう対応したのか?知る限りでは報道さえされてない。野田の対応は?話は聞いているだろう?お馴染みの「遺憾の意」は?何にもないのか?で、藤村官房長官は「ここまで近いのは異例」と発言。
 
民主党政権の初動の悪さは大震災で解ってはいたけども、領空侵犯に対して何が必要かを全く解って無い様子。藤村官房長官の言葉「異例」には情けなささえ感じる「異例」ではなく、「主権侵害だ!」と抗議せよ!航空自衛隊がスクランブル発進する事も多くなってきている中、挑発的な態度をする露と韓と中。この国々との友好も友愛も対話も調和も無駄だと言うことを理解せねばならない。主権侵害されても抗議ひとつしない政府。国防という概念が無く、「対話」で乗り切るだけの左翼の理想論には付き合いきれない。
 
前原が発した「自衛隊の集団的自衛権行使の緩和」を今すぐにでも行わなければ、米国も有事の際は共闘してくれず、思いやり予算詐欺の確信犯で終わる。そして今後、主権侵害も行われ、占領されている領土の実効支配が繰り返し行われるだけである。国際社会へ日本が立たされている状況を発信する事で、EU諸国も同調してくれると思うのだが、なんら動かない政府。これぞ売国。
 
【石の上にも三年】・・・どころか、現在で66年経っている。民主党が政権をとってからというもの、露、韓、中の動きが活発になってきている。そして日本は国内の『平和主義者』により、自衛をする事もできず防衛力の低下、経済力の低下を止める事さえできなくなる。もし、このまま有事になった場合、個人主義者といわれる若者が自分の生命、財産を守るために武器を持って他国と戦えるか?侵略者と戦えるか?答えはNOである。侵略者を横目に英国の若者の暴動のように、略奪、放火を繰り返し、火事場泥棒となるのがオチである。国家観を教育されていない若者には、国防の概念が無い。どこまでもいつまでも個人主義者で終わる。
 
今、何が必要か?
 
【目には目を、歯には歯を】これを実行するだけである。他国の軍隊が挑発するのであれば、日本で軍隊を作り前線に基地を作る。それだけで十分防衛力となり相手国に対して「覚悟」を見せる事ができる。
 
 
今の日本に必要なのは【覚悟と行動】である。
 
そんな中、民主党は【覚悟無き売国奴】でしかない。
 
他国によって主権を侵害されて何も言わないのであれば
 
日本国民失格である。
 
解散せよ!野田政権!
 
国籍を返上せよ!民主党議員始めとする左翼ども!
 
 
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/472-267fba89

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。