スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはそれでも米国を信用できますか?【9.11同時多発テロ関連】

 
 
ニコラス・ロックフェラーとの会話
『America:Freedom to Fascism』が話題となった後、ルッソはジャーナリストアレックス・ジョーンズのインタビューに答え、その中で旧知の友人ニコラス・ロックフェラーとの会話の内容を披露した。ルッソによると、ロックフェラーはアメリカ同時多発テロ事件の11ヶ月前の時点で、米国でアフガニスタン侵攻イラク戦争のきっかけとなる事件が起こることを、すでに予告していたという。そしてロックフェラーは同時に、その事件及び後に起こる米軍侵攻の全てが、「巨大なでっち上げ」であるとも語ったという[1][2]。 この会話を発表した半年後、6年前から患っていた膀胱癌により、ルッソは死去した
【wiki 抜粋】


 
この和訳が間違っているとか、この人が嘘をついているとか、言い出す人がいそうですが、この話が本当であれば、米国との同盟関係を破棄したほうが日本国の為である。
 
9.11はロックフェラーが起こしたものであるならば、3.11の東日本大震災も怪しい。スマトラ沖地震も怪しい。疑惑が広がる・・・


転載元: 論叫警鐘の会

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/468-9b3921e2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。