スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11東日本大震災の10ヵ月前 言い訳答弁

 
Part①~④まであります。Youtubeへ飛んでください。
 
Part① http://www.youtube.com/watch?v=GalGrPwoZHA&feature=related
Part② http://www.youtube.com/watch?v=iSN57sFlF8g&feature=related
Part③ http://www.youtube.com/watch?v=2VUIfxiV8gQ&feature=related
Part④ http://www.youtube.com/watch?v=YBrynzRYyRY&feature=related
 
 

 
 

←ブログランキングクリックお願い致します。
 
 
この国会答弁を見ていると「3.11東日本大震災」の前兆である事が感じると思います。まさか1年後・・・世界が震撼し、涙し、注目する事になる大震災になろうとは。
 
この時は【2010年3月14日に福島県沖で起きた震度5弱の地震】の対応を巡る、当時の国家公安担当大臣『中井』に対する自民党『森まさこ』衆院議員の国会質問である。
 
福島の地震に対する政府の対応の悪さ、閣僚である『中井』自身が地震に対し積極的に調査もせず、関係各省との連携を取らず、被害の実態を秘書任せにしていた状態。しかも国家公安担当の秘書2人は日曜日が休みであり、地震の当日、TVの報道からの情報しか集めていない。TV局頼みの一般人と同じ情報しか収集する気が無かったといえる。電話も電気も通じている状態でこの有様である。これが民主党政権の危機感の無さを露呈し、後の3.11東日本大震災へと繋がってしまうのである。
 
三陸沖地震が先か?東南海地震が先か?などと専門家が予測していた中での三陸沖地震。人的被害は無かったにしても、漁業の被害、福島原発に対する危険性をこの時点で森まさこ衆院議員は指摘していた。この時の野党の追及を単なる「与党イジメ」と捕らえずに、真摯に受け止めたうえで、当時の鳩山内閣が官僚との連携、地方との連携、実際に地震が起きたときの自衛隊との連携、民間企業との連携、防災用品、備蓄する食糧、それらをどこが指揮していくかなど、何も見直さず、何も議論される事無く1年が過ぎ去っていったものと思われる。さらに、地震によりライフラインが途絶える事は2008年の【岩手・宮城内陸地震】で野党時代に経験済みであったはずなのに、何ひとつ生かされていない。ライフラインどころか、通信手段が無くなること自体『想定の範囲外』だったと言えず、福島原発の被災~爆発までを『想定の範囲外』と言うに留めた。そう感じずにはいられない。
 
3.11東日本大震災が起きた際の『菅政権』の人災とも言える対応の悪さは皆さんの指摘するところである。しかし、鳩山前政権の地震による予防策、対応策は皆無であり、コロコロ変わる無能大臣、無策により政治主導もできず危機管理さえもしていない鳩山前政権の体たらくにも、3.11東日本大震災の対応の悪さに繋がる責任があるといえる。
 
そして現在も、閣僚の無能をアピールしているかのような閣僚人事が行われ、民主党政権3度目の過ちを行おうとしている。台風12号の天災も未だ先が読めない状況であり、発電用ダムの放水時期が悪かったために、河川反乱に繋がったとも言われている。責任の擦りあいがあらゆる災害後の定番となってしまっているが、本来政府がやるべきことは一番の被害者である国民の命を守ることであり、危険要因を取り除く努力をしなければいけない。次なる災害が起こるかもしれないこの時期に、税金がどうとか論議する事などナンセンスである。円高に歯止めをかけるのが先決。同時に3.11東日本大震災の早期の復興、復旧に全力を注ぐ。
 
予算も含めて増税する事しか頭に無いのであれば、解散総選挙すればいいし、復興に穴を開けてはいけないと思うのであれば、無条件で自民党に政権を譲るべきである。法的に無理であれば、大枠は民主党政権のまま、中身は総理も閣僚も全て『野党』が連立を組み、民主党から権力を全てお預けした状態で復興に邁進すればいい。変なプライドが民主党にはあるから復興が停止し、原発も終息せず、風評被害ばかりが広がり、国際社会からも信用されず、経済的にも精神的にも瀕死の日本国民の怒りをかうのである。
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://keishokai7777.blog.fc2.com/tb.php/461-367f857d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。